アドレスについての説明ですが足はだいたい自分の肩幅くらいに開いてください。足の幅が狭すぎても広すぎてもスイングのバランスがくずれます。背筋を伸ばしてください。テレビなどのゴルフニュースなどを見てもらえば一目瞭然ですが全てのプロが背筋が伸びています。背筋を伸ばすコツは背中が曲がらないようにお尻を少し引くようにアドレスします。

頭の位置はスタンスの中央にします。つまり身体の中心になります。スクエアスタンスを保つためにも頭の位置が動かないように注意してください。普通に立ってどこにも力を入れなければ誰でも身体の中心に頭を位置することができます。

大切なのは、両目のラインを、目標と平行に保つことです。スタンスを広げて、ボールの真上に目を持っていこうとすると、頭が目標方向に動き、それにつられて、両肩のラインが目標よりも左にねじれ、それと一緒に両目のラインも左を向いてきます。目標に真っ直ぐではなく、カットに振るスイングの構えになってしまうのです。

両腕の付け根を両側から寄せ合うことによって、両腕の一体感を強め、腕の動きと身体の回転が一体となりやすくなります。意味が分からずに、脇を締めようとして、左腕を身体の側面につけようとする人が多いのですが、正確にいえば、前脇を締めるということなのです。

両手の力を抜いて手を垂らすようにしてください。そしてこの両手を合わせた位置がおよそのグリップの位置になります。左腕は伸ばすなというプロもいますが、特にビギナーのときは意識して左腕を伸ばし、スイング中に左肘が曲がらないように訓練するようにしましょう。

アドレス時の注意点です。アドレスの際に注意してほしいのがクラブを地面につけないということです。アドレス時にクラブを地面につけてしまうとグリップの圧力の変化が起こってしまいます。クラブを地面につけるとクラブの重さが軽くなってしまうため引き起こされます。バックスイングに移る際に腕に力が入ってしまう。バックスイングに移る際に腕にクラブの重さがかかってしまうため、それを支えるために腕に力が入ってしまいます。

ウッドとアイアンの違いですがスイングは同じです。しかし構え方は変わります。構え方を変えることによってスイングはそのままにすることができるのです。ウッドだけが上手く打てる、あるいはアイアンは上手く打てるけどウッドは苦手ショットの方は次に注意してください。

アイアンとウッドではクラブの長さやロフトが違うだけでなく、クラブが短くなるにつれて、ヘッドに対して、シャフトが少しずつ斜めに入る度合いが強くなってきます。クラブヘッドのリーディングエッジを目標に正しく向け、クラブを地面にそのまま置いて、比べてみれば分かるはずです。




最後まで読んでいただきありがとうございます。

お役に立てたでしょうか?

役に立ったと思った方はブログランキングのバナーを
ポチッとクリックしていただけると今後の励みになります。

ブログランキング参加中!!


関連おすすめ記事とスポンサーリンク