歩ける人なら誰でもスケートができます。運動神経がにぶいと思っている人でも滑れるようになります。

不器用な人も、上手になるのに時間がかかるだけで、まず頭で基本をしっかり覚え、繰り返し練習しているうちに身体が覚えていきます。

そしてスケートを好きになることができればあなたはもう一人前のスケーターになれます。

後は自分にあったスケート競技を選び、チャレンジしていけば、選手になることも夢ではありません。ですので、コツコツちゃんと基礎を守って練習するようにしましょう。




最後まで読んでいただきありがとうございます。

記事はお役に立てたでしょうか?

役に立ったと思った方はブログランキングのバナーを
ポチッとクリックしていただけると今後の励みになります。

ブログランキング参加中!!

車の事で知りたいことは「カーサポ」で検索



関連おすすめ記事とスポンサーリンク