スケート靴にはスピードスケート用、フィギュアスケート用、アイスホッケー用があります。

スピードスケート用の靴は100分の1秒をあらそう競技なので、スケート靴とブレードは軽くなっています。エッジの幅は非常に細く、約1ミリくらいしかありません。氷の面に接する部分は直線的にながく、スピードが出やすいようになっています。

フィギュアスケート用の靴はジャンプやターンを多用する競技なのでブーツのように長く、足首を保護するように作られています。ブレードはターンやカーブがしやすいようにエッジにカーブがつけられ、幅も4ミリくらいで、ジャンプをしても大丈夫なようにできています。そしてブレードの先にトウというギザギザがあるのも大きな特徴で、ジャンプやスピンなどをするときに使います。

アイスホッケー用は激しい競技なため、耐えられるように頑丈に作られています。エッジの幅は3ミリくらいで、前後左右に動きやすいようにカーブがつけられています。エッジの長さも靴と同じくらいに短くなっています。




最後まで読んでいただきありがとうございます。

記事はお役に立てたでしょうか?

役に立ったと思った方はブログランキングのバナーを
ポチッとクリックしていただけると今後の励みになります。

ブログランキング参加中!!

車の事で知りたいことは「カーサポ」で検索



関連おすすめ記事とスポンサーリンク