いよいよ氷の上に出ますが、氷におりる前に、足首やひざ、腰などの準備体操を十分に行い、それに上体を左右にふって身体をほぐしてください。準備運動をしているうちに、さらにスケート靴に馴染んできます。

氷の上におりるときですが、出入り口のあたりが坂になっていることがありますので、フェンスにつかまってゆっくりおりるように注意しましょう。そしてフェンスから離れる時は、横歩きで滑らないようにしながら、フェンスから少し離れたところに出て歩く練習をします。

氷の上での歩き方の練習は床の上での歩き方と同じです。最初はゆっくり歩き、肩の上下運動で力を抜き歩きます。

これを繰り返して、だんだん長く歩くように練習します。この段階ではあせらないで滑りたい気持ちを抑え、かかとで氷の面を押すように心がけます。マイペースで練習し、早く氷に慣れることが上手になる近道です。




最後まで読んでいただきありがとうございます。

記事はお役に立てたでしょうか?

役に立ったと思った方はブログランキングのバナーを
ポチッとクリックしていただけると今後の励みになります。

ブログランキング参加中!!

車の事で知りたいことは「カーサポ」で検索



関連おすすめ記事とスポンサーリンク