自然滑走のところで、体重の移動によって滑ることが分かったと思いますが、前進滑走の場合は体重の移動とともに押しの動作が入り、ジグザグに滑っていきます。

はじめに正しい姿勢で立ち、腰を落として足首とひざを曲げます。そして左足のインエッジで氷を押しながら上体を右足のつま先の方向に向け、体重を右かかとにうつして右足で滑り始めます。

次に浮いている左足のかかとを右足のかかとに近づけるように引きつけ、V字型の正しい位置に戻します。

今度は今まで滑っていた右足を曲げ、インエッジで押して左かかとで滑り、これを繰り返します。このように上下の動きと左右の動きとを組み合わせて前進していくのです。




最後まで読んでいただきありがとうございます。

役に立った!!

と感じた方は以下のバナーをポチッとクリックしていただけると
今後の励みになります。

ブログランキング参加中です。


関連おすすめ記事とスポンサーリンク