キャーリングでの左回りの練習をします。はじめにフラットの惰力滑走で滑り、次に揃えて滑っている左足のかかとを、右足のつま先につく程度に前に出し、体重を両足のかかとに平均にのせて滑ります。

そして同時に、同じ角度でスケートを左側に傾けると、左足はアウト、右足はインになり、無理に回ろうとしなくても、自然に左の方向に曲がり始めます。

最後に自分の思うところまで曲がったら、右足を左足のそばに引き寄せて、フラットで滑ります。

キャーリングで、スケートを内側に倒そうとして、腰を突き出して、身体がくの字の形になると、イン、アウトエッジに、きちんとのって滑れなくなります。

右足のインエッジだけで滑ったり、左足と、右足の間が広がってしまうと、うまく滑れないので気をつけてください。




最後まで読んでいただきありがとうございます。

役に立った!!

と感じた方は以下のバナーをポチッとクリックしていただけると
今後の励みになります。

ブログランキング参加中です。


関連おすすめ記事とスポンサーリンク