アイスホッケーを見るときに、基本的なルールを知っていた方が楽しみが倍になります。少なくとも、オフサイドとアイシングは覚えておくだけで楽しくなります。

オフサイドとは、パックを持っている選手よりも先に、持っていない選手が攻撃ゾーンのブルーラインを超えた場合を言います。このとき、試合は中断されて、ブルーラインに近いスポットでフェースオフが行われます。もしオフサイドのルールがないと、相手ゴールの前に1人がいて、他の選手がパックを取ったらすぐその選手にパスすれば、簡単に点が取れてしまいます。それでは試合が面白くなくなるのでオフサイドというルールがあるのです。

アイシングは、攻撃されている方の選手が相手の陣地に向かってパックを出し、それが誰にも触れずにゴールラインを超え、それから相手選手がパックに触れた場合です。このときは、防御ゾーンのスポットにパックがもどされて、フェースオフされます。これは防御側に攻撃を避けようとする積極的なプレーをさせないためのルールです。でもゴールキーパーが最初に触れた場合や、味方が相手より先にパックに触れたときなどはアイシングとはなりません。




最後まで読んでいただきありがとうございます。

記事はお役に立てたでしょうか?

役に立ったと思った方はブログランキングのバナーを
ポチッとクリックしていただけると今後の励みになります。

ブログランキング参加中!!

車の事で知りたいことは「カーサポ」で検索



関連おすすめ記事とスポンサーリンク