今回は、スズキキャリー【DA16T】のバック信号線と車速信号線の話。

以前、三菱のミニキャブでナビ取り付けやバック信号などの情報を書きました。

三菱ミニキャブナビ取り付け|車速信号、バック信号、パーキング信号情報

この時の話は、スズキのDA16T型のキャリーと同じ情報でした。

ただ、キャリーもマイナーチェンジ?したのか若干使用が変更されていたので紹介します。

今回のDA16T型のキャリーは2型とよばれるモデルらしい。

とりあえず、デュアルカメラサポートブレーキ付きでした。

スズキキャリー【DA16T】のバック信号線

以前のDA16T のキャリーのバック信号はここでした。

スズキキャリーDA16Tバック信号

スズキキャリーバック信号で検索した際に出てくる、純正オプションの資料を抜粋しています。

マスターバック奥の配線に固定されてる「22ピンの白カプラーのピンク線」でした。

 

ただ、今回の2型と言われるモデルではこの場所に22ピンカプラーはありませんでした。

リレー?があるのかな・・・

で、調べたところバック信号の取り出しの場所が変わっていました。

 

引きの写真撮り忘れたのでイラストで・・・

スズキキャリーDA16Tバック信号

配線の束を左にたどっていったところにカプラーが2個あります。ビニールテープで固定されてると思います。

スズキキャリーDA16Tバック信号

赤線とピンク線だけのカプラーです。そのピンク線がバック信号になります。

ピンク色はどちらでもOKです。

スズキキャリーDA16Tバック信号

男性笑顔

DA16T型のキャリーのバック信号線は年式問わずピンク色かな。途中でバック信号の取り出せる場所が変わってるので、ナビ取り付けたりバックカメラ取り付ける際は悩んでしまいますね。

 

スズキキャリー【DA16T】の車速信号

DA16Tのキャリーの車速信号ですが、こちらは変更はありませんでした。

スズキキャリーDA16T車速信号

車速信号はヒューズボックス横のカプラーのベージュ色の配線です。

取り付け説明書の配列の図は配線側ではなく勘合側なので、わかりにくい・・・

上から3番目、灰色の隣のベージュ(茶色っぽい)線になります。

 

まとめ

今回は、DA16T型のキャリーのバック信号と車速信号の話でした。おそらくミニキャブでも同じになると思います。

バック信号をテスターで調べようと思いましたが、IGオンでリバースに入れてもバックランプも付かないし、車両は反応しないようになってました。

エンジンかかってないとリバース信号でないみたい・・・。

エンジンかけてバックに入れてテスターで調べるのは危険だったのでやめました。テスターの線を延長させて調べたらOKなんですけどね。




最後まで読んでいただきありがとうございます。

記事はお役に立てたでしょうか?

役に立ったと思った方はブログランキングのバナーを
ポチッとクリックしていただけると今後の励みになります。

ブログランキング参加中!!

車の事で知りたいことは「カーサポ」で検索



関連おすすめ記事とスポンサーリンク