「スケート」の記事一覧

アイスホッケーの戦法

スケート

アイスホッケーではまず両チームのメンバーや用具、リンクの整備の状況などを、レフェリーが確認します。そのあと、6人の選手がそれぞれの位置につき、センタースポットで両方のチームのセンターフォワードの間にレフェリーがパックを落 […]

アイスホッケーのルール

スケート

アイスホッケーを見るときに、基本的なルールを知っていた方が楽しみが倍になります。少なくとも、オフサイドとアイシングは覚えておくだけで楽しくなります。 オフサイドとは、パックを持っている選手よりも先に、持っていない選手が攻 […]

アイスホッケーとは

スケート

アイスホッケー競技は、ルールを知らなくても見ているだけで、十分に楽しむことができて、スピード感溢れる、激しいスポーツです。 リンクにはレッドとブルーの線が引かれ、ゾーンに分けられています。レッドラインは、センターラインと […]

フィギュアシングルスケーティング

スケート

シングルスケーティングは1人でショートプログラム、フリーの2つの種目を滑ります。 コンパルソリーは規定といわれ、競技の種目には現在はありませんが、コンパルソリーは図形の基本はカーブで、これにターンやチェンジを組み合わせま […]

フィギュアスケートの採点と順位

スケート

フィギュア競技は、6点満点で採点します。なぜ6点満点かというと、コンパルソリーという規定を左足と右足で3回ずつ、合わせて6回滑るので、その1回を1点と考えたところからきています。 そして、失敗が1回あったときは0.2点が […]

スピードスケートのトラック

スケート

スピード競技には、ダブルトラックレースとシングルトラックレースの2種類があり、シングルトラックレースの中には、室内リンクで行われるショートトラックレースもあります。   ダブルトラックレースは、1周400メート […]

スピードスケートのルール

スケート

室内で行われるショートトラックは、原則として予選では8人以下で、準決勝、決勝は500、1000メートルは4人、1500メートルは6人、3000メートルは3距離合計得点上位8人で行います。 屋内のスピード競技では選手は全員 […]

曲がり方クロッシング

スケート

キャーリングでは左足がアウト、右足がインエッジにのり、両方平均に体重をかけて滑りましたが、クロッシングでは、はじめて片足だけに体重をのせて滑ります。 クロッシングはスピードを落とさないで、交互に足を交差させ、円の外側に押 […]

曲がり方キャーリング

スケート

キャーリングでの左回りの練習をします。はじめにフラットの惰力滑走で滑り、次に揃えて滑っている左足のかかとを、右足のつま先につく程度に前に出し、体重を両足のかかとに平均にのせて滑ります。 そして同時に、同じ角度でスケートを […]

バックで滑る

スケート

普段の生活で、後ろに歩く動作がないので感覚的に難しいとか、怖いという不安がありますが、意外とできるものです。 まずひょうたん型バックでうしろに進む練習をして恐怖心を無くすことから始めます。 背筋を伸ばした正しい姿勢で立ち […]

ページの先頭へ