今回は、トヨタルーミーのホーン交換の方法の話。

トヨタルーミーのホーン交換はバンパーを外す方がやりやすいのでバンパーを外して行いました。

バンパーを外さなくても頑張れば出来そうですが、変な取り付け方になると困るのでバンパー外します。

 

 

ルーミーのホーン交換の方法

今回取り付けたホーンは、ミツバのアルファ2コンパクト

 

 

 

ルーミーのバンパーの取り外し方は、グリル上、バンパー下、ナンバープレート裏、フェンダー部分のクリップやネジを外します。

フェンダー部分は横に引っ張っても外れないのでコツが必要です。

バンパーを下に下げてから外方向に引っ張る感じです。

この記事を参考に・・・

 

トヨタタンクのホーン交換・フォグ付きバンパー外し方

 

バンパーを外したら純正ホーンを取り外します。

 

 

交換するアルファホーンの取り付ける位置を探します。

1個目のホーンの取り付け位置は右ヘッドライトの下

 

 

フレームの穴にボルトナットで固定

 

 

フェンダーライナーに干渉するのでホーンのステーを曲げてます。

 

2個目のホーンの取り付け位置を探します。

以前、トヨタのタンクのホーン交換をした時は下図の穴を利用しました。

 

 

今回のルーミーでは、ホーンがアルファ2コンパクトだったため違う場所に固定しました。

それが純正位置

 

 

アルファ2コンパクトはホーンのステーを回転出来るので上のような固定が可能です。

cara1

ホーンのステーが回転できないタイプのホーンの場合は、写真のような固定は出来ないかもしれません。

ホーンの開口部を下向きに固定するのが基本なので、開口部を下にした状態で取り付け可能な場所を探しましょう。

回転できないタイプのホーンの交換方法は、以前作業したトヨタタンクのホーン交換を参考に。

 

ホーンを2個固定したら、配線を延長してホーン電源とアースの取り付け。

2個のホーンはこんな感じです。

 

 

ホーンを鳴らして音がちゃんとなれば、バンパーを元に戻して完成です。

 

まとめ

今回、ルーミーのホーン交換の方法を紹介しました。

基本的にはバンパーの取り外しは必要です。

ただ、エンジンルームからでもフレームの穴にアクセス出来ればバンパー外さずに交換できるかもしれません。

穴はいくつかあるので・・・

 

私は、バンパー外さずにやりにくい事して交換の時間かかるより、バンパー外して作業しやすい状態で交換する派なのでどんどんバンパー外します。




最後まで読んでいただきありがとうございます。

記事はお役に立てたでしょうか?

役に立ったと思った方はブログランキングのバナーを
ポチッとクリックしていただけると今後の励みになります。

ブログランキング参加中!!

車の事で知りたいことは「カーサポ」で検索



関連おすすめ記事とスポンサーリンク