今日は、ベンツGクラスのレーダー取り付けの話。

 

今回、レーダー探知機を取り付けたベンツのGクラスは、2012(H24)/8~のG463ってモデルかな

ナビ回りが写真のような車

 

BenzG01

 

このベンツGクラスにレーダー探知機の取り付けですが、初めての作業だったのでどこからアクセサリー電源を取ろうか最初悩みました。

が、助手席側に回ってみるといいモノ発見!!

 

ベンツGクラス(G463)のアクセサリー電源は簡単に取り出し可能

助手席側で見つけたものはシガーソケットです。

 

BenzG02

 

いいもの発見しましたが、アクセサリー(イグニッション)に連動か常時電源か・・・

テスターで調べると、エンジン切ったら電源も切れてくれました!!

ラッキーです。

助手席足元のカバーにシガーがあるなんてなんて親切なんでしょうね。カバーのネジを外してグイグイっとしながらカバーを外します。

 

BenzG03

 

あとは、シガーソケット裏の配線をチェックしてレーダーの電源とアースを繋ぎます。赤/緑がプラスで茶がマイナスかな・・・

 

BenzG04

 

今回はスプライスを使用してしっかりと固定しました。

 

 

まあこのピンクタップでも大丈夫でしょう。

 

 

電源接続した後は運転席下のカバーを外してレーダーの電源線を通してきたらレーダーの設置完了です。

 

cara1

レーダー探知機の電源線も細い商品もあるので、できればコルゲートチューブで保護した方が良いかもしれません。

特に、電源直結線とかは配線も柔らかいし、金属部分にあたると被覆もすぐに切れそうなので・・・

 

エーモン 配線チューブ 5φ 2m 1115

エーモン 配線チューブ 5φ 2m 1115

234円(12/13 19:53時点)
Amazonの情報を掲載しています

 

BenzG05

 

まとめ

最近のベンツにしては今回のGクラスは作業しやすい車でした。

シガーソケットが簡単に見つかって外すことができれば楽なんですね。

 

ただ、最近の外車もシガーソケットがACCじゃなくて、タイマーみたいになってすぐに切れないものあるので注意は必要ですけど・・・。

作業の時はテスターでちゃんと調べましょう!!

 

 




最後まで読んでいただきありがとうございます。

記事はお役に立てたでしょうか?

役に立ったと思った方はブログランキングのバナーを
ポチッとクリックしていただけると今後の励みになります。

ブログランキング参加中!!

車の事で知りたいことは「カーサポ」で検索



関連おすすめ記事とスポンサーリンク