今回は、マツダアクセラのテレビナビキット取り付け方法と注意点の話。

走行中に助手席の人がテレビを見たり、ナビの操作をしてもらうために取り付けるテレビナビキット。

 

型式が、BM2/BM5/BML/BYEのアクセラ、マツダコネクト(マツコネ)で繋がってるナビもテレビナビキットを使えば走行中はテレビを見ることができるようになります。

ただ注意点がいくつかあります。

 

では取り付け方法と注意点を順に紹介します。

 

マツダアクセラのテレビナビキット取り付け方法

マツダアクセラのテレビナビキットはデータシステムの商品があります。

 

 

アクセラの年式、H25.12~H28.6、H28.7~H29.8、H29.9~ではUTV404P2が適合になっています。

最新の適合はデータシステムのホームページ(こちら)をご覧ください

 

取り付けに関しては商品の中に説明書が入っているので読めば大丈夫です。

 

テレビナビキットの接続場所がモニターの裏なので外していきます。

 

グローブボックス上とエアコン吹き出し一体のパネルを引っ張って外します。

 

 

 

エアコン吹き出し口の奥にあるボルトを外します。

 

 

ボルトを外すとモニター部分を引っ張って外します。

 

 

モニター部分のクリップはこんな感じです。

 

 

引っ張り出したら、テレビナビキットに付属の配線を指定の位置に取り付け。

切り替えのスイッチをお好みの場所に取り付けて本体と繋ぎます。

 

あとは、本体を固定して外したパーツを戻せば完成です。

 

マツダアクセラのテレビナビキット取り付けの注意点

マツダアクセラのテレビナビキットの取り付けの注意点としてはいくつかあります。

 

テレビナビキットに本体固定位置に注意

データーシステムのUTV404P2の場合、本体のコネクターを外してのノーマル状態にもどすための点検コネクターが付属されています。

 

ディーラーさんで点検する際に、テレビキットが原因で車両診断とかできない場合は、点検コネクターを接続してみた方が良いです。

だから、テレビナビキットの本体は完全に隠してしまうと、後で面倒なことになるかもしれません。

グローブボックスを取り外した右上とかのスペースに本体を固定して触れるようにしましょう。

 

テレビナビキットを取り付けた後にバックカメラ(リアカメラ)が映らなくなった症状を出さないために

テレビナビキットUTV404P2を付けた後、カメラが映らない現象が出る場合があるようです。

 

この場合、モニター裏のユニットのカプラーの接続の順番などが影響してるようです。

 

出典:https://www.datasystem.co.jp/products/tvkit/index.html

 

テレビナビキットのカプラーだけを外すだけならこのような事は起きません。

ただ、作業性とか考えてユニット外した場合は注意が必要です。

 

ただし、UTV404P2を取り付けする前には必ずバッテリーを外すように注意書きがあります。

バッテリーを外して作業した場合は、どんな順番で接続しても大丈夫じゃないのかな・・・って思いますね。

 

マツダでナビ更新などの作業のときは注意

マツダのディーラーでナビの更新作業などする際は、テレビナビキットが原因で更新できない可能性もあるようです。

データーシステムの検証では、接続した状態でも問題なく更新等はできてるようです。

ただ、事前に対処しておくことも考えておきましょう。

 

ディーラーさんによっては社外品を付けてるとNGとかあるかもしれませんので・・・

 

更新などの際は、本体を外してノーマルに戻すか点検コネクターを接続する必要があります。

 

テレビナビキットの本体を外すのも、テレビナビキットの本体部分のカプラーではなくユニット裏のカプラーを外してノーマルの接続状態にしないとダメです。

これは面倒なので、初めに注意したように本体だけ外して点検コネクターを付ける方が楽です。

 

まとめ

マツダアクセラのテレビナビキットはDIYでも作業は可能でしょう。

取り付け説明書がありますし、工具も特殊なものはいりません。

 

ただ、しっかりと説明書を読んで作業しましょう。

バッテリーを外さないと壊れる可能性あるとか・・・

車の電気系統(コンピューター)を触る作業になるので不安な方は専門業者にお願いしましょう。

 

 




最後まで読んでいただきありがとうございます。

役に立った!!

と感じた方は以下のバナーをポチッとクリックしていただけると
今後の励みになります。

ブログランキング参加中です。


関連おすすめ記事とスポンサーリンク