今回は、ランドクルーザー200のアクセサリー電源の話。

ランドクルーザー200にレーダー探知機やドライブレコーダーなどを取り付ける際にACC電源が必要なので、ACC電源の取り出し位置の参考情報です。

 

 

私はドアミラースイッチからACC電源を取ることが多いですが、残念ながらランドクルーザー200ではドアミラースイッチからは取り出しはできません。

ドアミラースイッチの所はACCに反応する12Vがなさそうなんですよね。

で、次に思いつくのがシガーソケット。シガーソケットなら確実です。

そこでシガーソケットの部分のばらし方を紹介します。

 

マイナーチェンジ前のランドクルーザー200のシガーソケット外し方

マイナーチェンジ前のランドクルーザー200です。

(すでに左のパネルが外れてますが・・・ノーマル状態の写真の撮り忘れです。)

シガーソケットは写真の位置

landcruiser200-00

左と右とどちらから外していってもOKです。

landcruiser200-01

 

パネルを外したら、隠れてたボルトとクリップを外してパネルを外します。

 

landcruiser200-02

 

ちょっと硬いですが引っ張って外します。

 

landcruiser200-03

 

同様に右側も外します。

 

landcruiser200-04

左右のシルバーのパネルを外してしまうと、後はシガーソケットのあるパネルを外します。

landcruiser200-05

ちなみに、シガーソケットの配線の色は忘れました・・・(-_-;)

確かアースは定番の白/黒だったような・・・テスターで調べてくださいね。

 

マイナーチェンジ後のランドクルーザー200のシガーソケット外し方

マイナーチェンジ後のランドクルーザー200です。

基本的な構造はマイナーチェンジ前と同じです。

 

 

左右のパネルを外します。

 

 

パネルに隠れてるボルト、クリップを外す。

 

 

右側も同じ手順。

 

 

ボルトとクリップを外したら左右のパネルを外す。

次に、シガーソケットのカバーを引っ張って外します。

 

 

シガーソケットのパネルを外せばアクセサリー電源が取り出せます。

 

 

シガーソケットのパネルを外す際に、シフトパネルが邪魔しそうならシフトパネルも外しましょう。

 

マイナーチェンジ後のランドクルーザー200のアクセサリー電源の配線の色も忘れました・・・

テスターで調べてください。

 

まとめ

ランドクルーザー200のアクセサリー電源の情報を紹介しましたが、マイナーチェンジ前後でもほとんど同じ作りです。

ヒューズボックスから電源を取り出す方法もありだと思いますが、確認してないのでどこから取り出せるか知りません・・・。

 




最後まで読んでいただきありがとうございます。

記事はお役に立てたでしょうか?

役に立ったと思った方はブログランキングのバナーを
ポチッとクリックしていただけると今後の励みになります。

ブログランキング参加中!!

車の事で知りたいことは「カーサポ」で検索



関連おすすめ記事とスポンサーリンク