今日は、ワゴンRにエンジンスターター取り付けの話。

H20.09 ~ H24.09までのMH23S型のワゴンRにエンジンスターターを付けましたのちょっとっだけ紹介。

取り付けたエンジンスターターはユピテルのES-A002S

wagonR_en_sta01

オールインワンパッケージなので基本的にこの商品だけで取り付けれます。

一応、純正のコネクター類を外してエンジンスターターのハーネスを割り込ませて取り付けなので難しくはないですが車種別の資料がないとわからない部分もあります。

wagonR_en_sta.03

写真の白色カプラーの2か所は外して付け替えですが、黒色のカプラーの空きの部分に端子を刺さないとダメなんです。その場所は車種別の資料。

他は、イモビライザーの登録の為でしょうけどCAN信号も接続します。診断コネクターへ接続ですがこれも車種別の資料参照になります。

黒色のコネクターに端子を刺す作業はコネクターを分解するので多少の知識が必要かな・・・

なのでこのエンジンスターターの取り付けは専門の業者に頼んだ方がいいのかも・・・

どうしても自分でエンジンスターターの取り付けをやりたい方は車種別の取り付け資料を手に入れた方がいいです。特に最近の車の場合は・・・

じゃあ、車種別の資料はどうやって手に入れるの?

って話ですが・・・

ユピテルさんの規約で個人には提供しちゃダメらしいです。

以下、車種別資料のサイトより抜粋

● 本サイトについて
本サイトへのリンクや外部への公開は固くお断りします。
他社製品への利用や二次配布は禁止させていただきます。
個人のお客様に対する 『 接続情報 』 の案内や配布は禁止させていただきます。
※弊社エンジンスタータ-は、販売店様やカーディーラー様での取り付けを対象としております。
個人のお客様に対する取付サポートは行っておりません。

という事でこのサイトでも詳細は教えられませんので、エンジンスターターの取り付けはお店に頼みましょう!!




最後まで読んでいただきありがとうございます。

役に立った!!

と感じた方は以下のバナーをポチッとクリックしていただけると
今後の励みになります。

ブログランキング参加中です。


関連おすすめ記事とスポンサーリンク