今日は新型コペンのホーン取り付けのお話です。

2代目のコペン(LA400K)にホーンを取り付けました。

copen01
見えてるクリップ類を外して、バンパーを取り外します。
注意するポイントは、フェンダーとバンパーの固定方法。最近のダイハツの固定の仕方で下からスライドして固定する方法です。一般的な車のように横からはめてる方法ではないので、バンパーを横に引っ張ってもフェンダーからは外れません。
斜め下にスライドしてロックを解除するかんじで取り外します。ちょっと硬いかもしれません。

あとは、下図のようなクリップで固定されてるので前方に引っ張って取り外します。
copen02

copen03
純正ホーンを取り外して同じ位置に新しいホーンを取り付け。スペースは広めなのでほとんどのホーンは取り付けできそうな感じです。
copen04

バンパーを取り外しの逆手順で復元して作業完了です。

バンパーをスライドして外すのを知らないと苦労するかな・・・。無理に引っ張ると塗装とか痛めそうですね。




最後まで読んでいただきありがとうございます。

役に立った!!

と感じた方は以下のバナーをポチッとクリックしていただけると
今後の励みになります。

ブログランキング参加中です。


関連おすすめ記事とスポンサーリンク