今回は、新型プリウスのミラー型ドライブレコーダー取り付け方法の話。

 

新型プリウスとは50プリウスの事です。

 

ミラー型のドライブレコーダーも普通のドライブレコーダーと取り付け方法はほとんど同じです。

 

新型プリウスのAピラーを取り外す

まずは、配線の取り回しを、運転席にするか助手席にするか決めてからAピラーを外します。

 

 

Aピラーは引っ張れば外れますが、クリップが付いてるのでそれも取り外します。

 

ピラーとクリップを外してもいいし、クリップをボディから外してもいいでしょう。

私は、プリウスの場合はクリップをボディから外す派です。

 

こんなロングのピックツールを使って、クリップのボディ側のツメを1個ずつ解除して外してます。

 

 

 

クリップをニッパーでカットして外す人もいるでしょうね。

新品のクリップを用意してたらいいけど無い場合はそのまま取り付けですね。

 

ミラー型ドライブレコーダーの固定

ミラー型ドライブレコーダーを固定しますが、ミラーに被せるだけなので簡単

 

 

アクセサリー電源をつないでドライブレコーダーへ配線

天井、Aピラーとドライブレコーダーの配線を通して、アクセサリー電源をつなぎます。

 

新型プリウスの場合、アクセサリー電源はヒューズかシガーソケット裏がおすすめ。

(ヒューズはどれか知りません・・・)

 

シガーソケットのパネルを外したりして裏からアクセサリー電源を接続します。

新型プリウス(50プリウス)のシガーソケットのパネルの外し方

 

シガーソケットのパネルを外したら、センターコンソールの前の部分を外します。

①を車両後方へ外して、②を横に引っ張ります。

 

 

配線通しの棒を使ってカーペットの下を通します。

 

 

 

エーモン 配線ガイド(フレックスタイプ) 全長約1m 1161

エーモン 配線ガイド(フレックスタイプ) 全長約1m 1161

379円(10/20 08:08時点)
Amazonの情報を掲載しています
配線通し (配線ガイド)

配線通し (配線ガイド)

Amazonの情報を掲載しています

 

 

シガーソケット裏の赤がプラス、白黒がアース

 

 

この配線をたどると、もっと手前で接続できそうです。

 

 

途中のビニールテープをはがして、赤と白/黒の配線にミラー型ドライブレコーダーの電源を接続

 

 

あとは、配線をいい感じで固定して外したパーツを元に戻せば完成です。

 

まとめ

ミラータイプのドライブレコーダーは、ガラスに貼らないのでスッキリしていいとは思うのですが、あんまり売れてない印象ですね。

 

外国製の商品も多いし耐久性とかどうなんでしょうね・・・。

ユピテルも以前ありましたが・・・

 

カメラは別だけど、こっちの方が安心かも。

 

 




最後まで読んでいただきありがとうございます。

お役に立てたでしょうか?

役に立ったと思った方はブログランキングのバナーを
ポチッとクリックしていただけると今後の励みになります。

ブログランキング参加中!!


関連おすすめ記事とスポンサーリンク