今日は、200系クラウンのレーダー取り付けの話

あんまり触ることがない今のクラウンにレーダーを付けました。

ちなみに、こんなダッシュボードの車です。

CROWN01

で、レーダーの設置位置は、右のスピーカーグリルの上。この辺しかなさそうです。グリルの空いてない部分に両面テープで固定。

CROWN02

で、電源をどこから取ろうかと考えた結果、センターコンソール(アームレスト内部)にあるシガーソケットからアクセサリー電源を取り出すことにしました。

そこにたどり着くために、順番にパーツを外します。

CROWN03

すべてはめ込み式なので引っ張って外せます。

CROWN04

外したらシガーの裏が見えるので、その配線からアクセサリー電源を取得。一応、テスターで調べてくださいね。
最近の車は、カプラー抜いてたりすると警告灯ついたりするのもあるので、何かのスイッチとか外してたら注意しましょうね。

CROWN05

レーダーの本体はこんな感じです。

CROWN06

高級車なので気を使いますが、パネル類は結構簡単に外せます。

さすがトヨタですね。




最後まで読んでいただきありがとうございます。

記事はお役に立てたでしょうか?

役に立ったと思った方はブログランキングのバナーを
ポチッとクリックしていただけると今後の励みになります。

ブログランキング参加中!!

車の事で知りたいことは「カーサポ」で検索



関連おすすめ記事とスポンサーリンク