今日は自動車保険の話の続きです。

さて、賢い自動車保険選びのポイントとして、契約内容に弁護士特約を付けているのか、つけていないのかがあります。

弁護士特約とは運転中に事故を起こし、損害保険会社のお世話になる事になったときに、事故調査の担当者のほかに、保障や示談の話になった時の代理人として動いてくれる強い見方になるかもしれない存在が、自動車保険の特約についている弁護士特約です。

この弁護士特約をつけている場合、万が一、対人事故を起こし被害者が過剰な損害補償を求めてきた場合、またそれが法律的に見て被害者の求める合理的な保証内容や権利とは到底思えないような場合、それを法律の観点から加害者を守る役割を果たしてくれます。

carinsurance (1)

具体的にいうと、

交通事故によって被害者は3ヶ月の入院を余儀なくされ、それによって仕事を休み、毎月の給与を受け取る事ができなくなった。そのことで、加害者に3か月分の入院費用と勤め先の休業補償、さらに事故に遭った事により発生した精神的なトラウマが原因で社会復帰できない事による、精神的苦痛の代償といったものまで求められる。このように、完全に被害者意識を盾に、加害者を徹底的に追い詰め、そして加害者で弱い立場であるという事実に漬け込んで骨の髄までしゃぶりつくそうとしているのが見え見えなケースです。

中にはこういった悪質な被害者も存在しますので、こういった悪質な恐喝と紙一重な被害者から守ってくれるのが弁護士であり、その弁護士を予め担保してくれるのが自動車保険の中にある弁護士特約なのです。

今日はここまで・・・




最後まで読んでいただきありがとうございます。

役に立った!!

と感じた方は以下のバナーをポチッとクリックしていただけると
今後の励みになります。

ブログランキング参加中です。


関連おすすめ記事とスポンサーリンク