今日は自動車保険の話の続きです。

農協や全労災の自動車保険で自己解決をしていこうと思うと、通販型自動車保険以上に過酷な想いをしていかないといけない場合があります。まず、事故解決に当たる専任の担当者や事故調査に当たる人はJAの職員です。

JAの職員はもともと保険知識も他の損害保険会社の担当者に比べ弱く、また事故調査に至っても専門家ではない為、非常に時間がかかる傾向にあります。こういった事から、通常は自己解決の担当者と二人三脚で事故処理を進めていきますし、また被害者の休業補償や医療費負担などに関しても積極的に保険会社の担当者がナビゲートしていってくれるはずなのですが、JAの場合はもともと保険の知識が無い担当者も多く居り、事が円滑に進まない場合もあります。

そういった薄い補償内容や担当者の手際の悪さが溜りに溜まって爆発する契約者も居ます。

carinsurance (27)

物損事故ならともかく対人事故で被害者がいるのであれば、一刻も早くお詫びに行くなど、とにかく対人事故の場合は初動が肝心。しかしナビゲーターがうまく契約者を先導してあげられなければ、被害者の心証が悪くなるだけです。

ですから損害保険の被害補償の基本はとにかく迅速に、そして誠意と正確さです。

そういった面で見るとJAの自動車保険のスタンスは大手の自動車保険商品と比較してパッケージ化されているが故に非常に安く、ハードルが低い分、保障内容や特約の面からまだまだ弱いなと感じてしまうのです。

今日はここまで・・・




最後まで読んでいただきありがとうございます。

役に立った!!

と感じた方は以下のバナーをポチッとクリックしていただけると
今後の励みになります。

ブログランキング参加中です。


関連おすすめ記事とスポンサーリンク