「スケート」の記事一覧(2 / 2ページ目)

スケート惰力滑走

スケート

前進滑走して、正しい姿勢で肩や腕の力を抜きます。そしてひざを曲げて両足を揃え、体重をエッジのかかとの方に、平均に乗せて滑ります。これを惰力滑走といいます。 正しい位置で滑っているば、わずかな力でも氷との摩擦が極めて少ない […]

スケート前進滑走

スケート

自然滑走のところで、体重の移動によって滑ることが分かったと思いますが、前進滑走の場合は体重の移動とともに押しの動作が入り、ジグザグに滑っていきます。 はじめに正しい姿勢で立ち、腰を落として足首とひざを曲げます。そして左足 […]

スケート自然滑走

スケート

氷の上を歩いたことで氷に慣れ、恐怖心も少なくなったと思います。いよいよ滑る練習に入ります。 前進とバックでは、滑る位置が違います。前進、バックとも、カーブする場合はインエッジとアウトエッジを使い、直進の場合はフラットで滑 […]

氷の上の歩き方

スケート

いよいよ氷の上に出ますが、氷におりる前に、足首やひざ、腰などの準備体操を十分に行い、それに上体を左右にふって身体をほぐしてください。準備運動をしているうちに、さらにスケート靴に馴染んできます。 氷の上におりるときですが、 […]

スケートを滑るときの準備運動

スケート

スケートを楽しく滑ろうと思ったら、まずケガそしないために準備運動をしなければなりません。必ず準備運動をして身体を温め、筋肉を柔らかくしておきます。 スケート靴が貸し靴の時は特に注意して正しく履きます。正しく履かないとスケ […]

スケート靴を買う

スケート

スケート靴は最初は貸し靴でもいいのですが、借りるたびに靴が違いますので、なかなか足に馴染みません。上手になるためには皆さんが、やろうと思っている種目のスケート靴を専門店で相談してから買うのがベストだと思います。 スケート […]

スケートの靴

スケート

スケート靴にはスピードスケート用、フィギュアスケート用、アイスホッケー用があります。 スピードスケート用の靴は100分の1秒をあらそう競技なので、スケート靴とブレードは軽くなっています。エッジの幅は非常に細く、約1ミリく […]

スケート初心者の基礎

スケート

歩ける人なら誰でもスケートができます。運動神経がにぶいと思っている人でも滑れるようになります。 不器用な人も、上手になるのに時間がかかるだけで、まず頭で基本をしっかり覚え、繰り返し練習しているうちに身体が覚えていきます。 […]

スケートを好きになる

スケート

スケートが上手になりたい人はまず基本を正しく守って練習を繰り返し、長く続けることです。 続けるためには上手になろうとか、身体を鍛えようというように目標を持って始めることです。 また、氷上の練習だけでなく、普段の生活でもス […]

ページの先頭へ