今日は、車のリコールの話。

長い間車に乗ってると一度は車のリコールを経験した人は多いでしょう。

車に不具合があるとメーカーが無償で対策をしてくれますが、このリコールって結構頻繁に発表されてるんですよね。

今日も、ヤフーニュースを見てると

【リコール】トヨタ ヴィッツ など60万台、火災のおそれ…一部焼損事故も2件発生
トヨタ自動車は10月21日、『ヴィッツ』などのパワーウィンドウスイッチに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151021-00000036-rps-bus_all

なんて記事もありました。

リコールの台数が多い車種ならニュースになって新聞やネットで流れてみなさんに認知されます。

しかし、台数の少ないリコールとか大きく出回らないのが現状です。

今月もすでにこれだけのメーカーからリコールが発表されてました。

1日 ニイガタ、トヨタ、コベルコ、ニッサン、マツダ、日車、メルセデス・ベンツ、プロト、ボルボ、クライスラー、ニッサン、ホンダカナダ、ホンダ
7日 日野、トヨタ、いすゞ、三菱、UDトラックス、日産、マツダ
8日 マツダ、ダイハツ、スバル
9日 ハーレーダビッドソン
15日 ホンダ、キャデラック、ホンダカナダ、ホンダオブアメリカ
16日 マツダ、フォード、三菱、フォード
21日 トヨタ、日野、フォルクスワーゲン、アウディ、BMW

乗用車以外のメーカーも記載してるのでよく知らないのもあります。

新車を購入してると販売店から連絡が着て自分の車がリコール対象かどうかわかりますが、中古車などで転売が繰り返されてると現在のユーザーまで連絡が来ないこともありますね。

リコール対象だけど対策しないまま乗ってる人も多いのでは・・・

一応、車検の時とかにわかるようにはなってますけど・・・

実は、国土交通省のホームページでリコールが発表されてるのが見れるんですよね。

平成27年分リコール

まあこれ見ても自分が所有してる車にリコールがあるか調べるのは大変です。
そこで便利なのが検索システムですね。

こんなサービスもありますよ。

自動車のリコール・不具合情報

一度調べてみたらどうでしょう!!




最後まで読んでいただきありがとうございます。

役に立った!!

と感じた方は以下のバナーをポチッとクリックしていただけると
今後の励みになります。

ブログランキング参加中です。


関連おすすめ記事とスポンサーリンク