今日は、カーナビ・TVの取付、修理を依頼する際の3つのポイントの話

カーナビ・TV取付、さらにその修理を業者に依頼する場合は、いくつかのポイントを知っておく必要があります。
では、一体どういったポイントになるのでしょうか。

21a3caf09a99be53dcd0a132fd64498e_s

まず一つは、費用をしっかりと聞いておくという事

実際に取り付けをする場合等は業者の方に本体価格だけでなく工賃を払う事になります。

一見それ程高くならないのではないかと思っている人もいるかもしれませんが、時には高額になってしまう場合も決して珍しくありません。
何も費用の事を聞かないままにしてしまうと、時には請求された費用にびっくりしてしまうこともあります。

出来るだけ作業を依頼する前に見積もりを出してもらうこと、さらに予算に合った業者を選ぶという事が必要です。
意外と高い金額になる場合もありますが、作業が困難な場合などは通常よりも高い金額になるケースもあります。特殊な車や商品などの場合は覚悟しておきましょう。

カナビなどの修理の場合も一度業者に見積もりを出してもらって、金額を確認してから修理作業に入ってもらうようにしましょう。

二つ目はどれくらいの時間を要するか、データに関してはどうなるかを聞いておくという事

基本的に、カーナビを取り付けたりする時にはある程度の時間が必要となる場合も少なくありません。
急いでいる場合等はその作業時間の間ずっと車をつかえなくなると困る場合もあります。

もし作業をする間に車が必要になった時の為に代車を用意してもらう必要がある場合もあるので、その点には注意しましょう。
簡単なナビなら1時間ほどで取り付け終了する場合もありますが、大抵の車は1時間半から2時間は掛かると思っていいでしょう。
元々カーナビが付いてる車などでは取り外しにも時間がかかるのでプラスの時間を考慮しておいた方が良いです。

またカーナビの中にはデータが入っている場合も少なくありません。
その場合、修理する事によってそのデータがもしかしたら破損してしまう可能性もゼロではないというのが現状です。
データの扱いに関してはどのようになっているのか、破損した場合はどういう対処となるのかと言う事等も知っておく必要があります。

三つ目は鍵(盗難防止ネジ)を用意しておくという事

メーカーの純正品のカーナビを使っている場合、盗難防止の為にロックされている事が珍しくありません。
その場合は専用のアダプターを用意して、それを使って取り外す事になります。

取り外し自体はそれがなくても最悪の場合は行う事は出来ますが、アダプターなしで固定してしまうと盗難にあう恐れがある為、注意しなければいけません。
基本的には車の納車の時に専用のアダプターを渡されているはずなので、修理やカーナビを取り外す作業をする時には必ず業者の方にその鍵も持って行く必要があります。

特に、TVキット、TVナビキットの取り付け依頼の際は要注意です。盗難防止のアダプターを用意しておきましょう。

TV・ナビの取付や修理等に関しては、正しい順序で、そして必要な物を用意すればそれ程トラブルが起きてしまうことなく何とかする事も可能です。
ただ実際に依頼する時にはこういった事を知らないまま依頼してしまう人もいる為、予めこの点については良く理解しておくという事が重要になります。




最後まで読んでいただきありがとうございます。

役に立った!!

と感じた方は以下のバナーをポチッとクリックしていただけると
今後の励みになります。

ブログランキング参加中です。


関連おすすめ記事とスポンサーリンク