今日は、勘違いしそうな雑誌の記事の話。

CARトップって雑誌は皆さん知ってると思います。

今日その雑誌を読んでて気になった記事がありました。

ヘッドライトの進化について特集してた記事なんです。ハロゲン、HID、LED、レーザーと進化してる話題でした。しかし、気になったのがこの記事

fogyellow
CARトップ7月号より抜粋

黄色いバルブはもうダメだよ~って事ですが、フォグはイケるのあったんじゃなかったけ?と思っちゃたんです。

ipffog

記事の感じでは、写真でフォグが黄色の車の写真使ってるからフォグの事もNGみたい思っちゃたんですね。

特集記事は、ヘッドライトに関する記事なのでヘッドライトに関しては「イエローバルブ禁止の怪」で正しいでしょう。

でも写真がフォグ黄色だから間違ってしまいそうになりました。

とは言っても、保安基準ではフォグランプ(前部霧灯)の色に「黄色」とは書いてないんですよね。

道路運送車両の保安基準(H28.04.20 現在)

ここから探すと色々難しい文言が見れますが、フォグの色は

hoankijun

「白色又は淡黄色」となってます。

「淡黄色」じゃないとダメなんです。黄色はNGです。で、その色の基準は・・・

検査員・検査官の判断って事になるんでしょうね。

IPFの商品は車検適合って書いてましたが、他のメーカーのイエローバルブはどうなのかわからないので交換する場合は注意が必要ですね。

でも、IPFの商品も見る人によってはNGになるかもしれないので、車検対応って書かれたパッケージなど車に積んでおいた方がよさそうな気もしますね。指摘されてもすぐ答えれるようにね。

そう言えば、黄色のLEDフォグのバルブも発売されてますけどあれって明るいのかな・・・

という事で、雑誌の写真で勘違いして黄色いバルブはすべてNGかと思ってしまった話でした。

でも、ヘッドライトって進化してますね。CARトップの特集で色々知ることが出来ました。




最後まで読んでいただきありがとうございます。

役に立った!!

と感じた方は以下のバナーをポチッとクリックしていただけると
今後の励みになります。

ブログランキング参加中です。


関連おすすめ記事とスポンサーリンク