今回は、360度ドライブレコーダーの比較の話。

ドライブレコーダーを装着してる車は増えていますが、それに伴ってドライブレコーダーの種類も増えています。

フロントのみのドライブレコーダー、前後録画できるドライブレコーダー、360度録画できるドライブレコーダー、バックカメラの映像を録画できるドライブレコーダーなど。

そこで、360度ドライブレコーダーの中から6商品を選んで好き勝手に比較してみました。

6つのドライブレコーダーはこちら

  • コムテック 【HDR360G】
  • ユピテル 【Q-01】
  • カーメイト 【DC3000 d’Action 360 (ダクション 360)】
  • 液晶王国 【水平360度 パノラマ録画 ドライブレコーダーQD-DVR360S】
  • 液晶王国 【水平360度 録画 ルームミラー型ドライブレコーダー QD-DVR360】
  • セイワ 【PIXYDA PDR600SV】

この中で、液晶王国、セイワの360度ドライブレコーダーは同じような商品がアマゾン、楽天でたくさん販売されています。

 

360度ドライブレコーダーコムテック【HDR360G】の特徴

 

 

コムテックのHDR360Gの特徴としては、まずは安心の日本製であること。製品保証は3年ついてます。

また、地デジの受信やナビのGPS受信などに影響が出ないようにノイズ対策、白とびや黒つぶれ、逆光にも強いWDR搭載、LED信号対策もされています。

また、垂直方向の角度は240度まで映すことができます。

 

これにより、レンズを真下に向けてても前方の上の方(近くの信号機)まで録画することが可能です。

また、オプションで駐車監視機能も付けれます。

他には、SDカードにエラーがないかチェック機能も搭載されています。

 

コムテック公式サイトが配信してるHGR360Gの動画を紹介します。

 

 

cara1

高性能なドライブレコーダーに求められる機能は最低限搭載してます。日本製で保証も長いのは安心です。

本体の形状が他とは違うため、取り付ける場所によってはマイナスポイントもあるかもしれません。

 

360度ドライブレコーダーユピテル【Q-01】の特徴

 

 

ユピテルの【Q-01】の特徴としては、前方360度、後方360度の録画可能なところです。

全天球カメラを採用しているため、上下左右全て録画します。

 

地デジ、GPSのノイズ対策、LED対策、HDRも搭載されています。

マルチバッテリーや電源ユニットを使用して駐車監視録画も可能です。

 

マイナスポイントとしては、本体に液晶が無いためすぐに録画映像を確認できないところ。

パソコンで見る事しかできません。

 

 

cara1

全天球ドライブレコーダーなんて必要あるの?と思ったりもしますが、前方の上の方とかの映像は役に立つこともあるかもしれませんね。決定的瞬間とか・・・

ただ、取り付け位置によっては天井しか映らないとか、車内の360度映像も車外がほとんど映らない場合もあるかもしれません。

 

360度ドライブレコーダーカーメイト【ダクション360】の特徴

 

 

ダクション360は360度ドライブレコーダーの中では古い商品になります。

量販店で取り扱ってる360度ドライブレコーダーではダクション360が一番最初の商品かもしれません。

 

ダクション360の特徴は液晶が搭載されてない代わりに、無線LANを使用してスマホで映像を確認できます。

また本体を取り外すことも可能で、オプションのバッテリーを使用してアクションカメラとしても使用できます。

 

 

ダクション360もノイズ対策、LED信号対策、WDRを搭載しています。

オプションの駐車監視ユニットを取り付ければ、駐車監視録画も可能です。

 

マイナスポイントとしては、垂直方向が194度なので、レンズを真下に向けた場合はすぐ前方の信号が映らない可能性もあります。

また、公式サイトではこんな注意書きも

ナンバープレートの見え方について

360°という広範囲の映像を記録するため、特定のアングルのみを切り出して表示すると、従来のドライブレコーダーのフルHD画質よりも粗く見えます。ナンバーすべてが読み取れることは保証いたしかねますが、360°の状況を記録する用途でご活用いただけます。

 

cara1

ダクション360はスマホで確認できますが、スマホユーザーじゃない場合はパソコンでしか映像を確認できません。

垂直方向の角度が194度ということで、直前の上方を映すためにレンズを傾けると後方はほとんど映らなくなります。

バランスを見ながら角度調整が必要かな。

 

360度パノラマ録画ドライブレコーダー【QD-DVR360S】の特徴

 

QD-DVR360Sと同じようなデザインの360度ドライブレコーダーがたくさんあります。

特徴としては、大きな液晶画面を搭載してるので映像の確認がしやすいこと。

また、他の360度ドライブレコーダーよりも値段が安いことです。

 

マイナスポイントとしては、白とび対策などのHDRが搭載されてるか不明、LED信号対策も不明です。

他メーカーの同タイプのドライブレコーダーなら搭載されてるかもしれません。

 

また、地デジなどノイズ対策は

※ドライブレコーダー固有
テレビ・ラジオ・GPSなどの電波を送受信する製品がある場合 送受信感度に影響が出る可能性がございます。
こちらは製品の不具合ではありませんので、交換/返品の対象外となります。
予めご了承下さい。

このような注意書きがありました。

 

駐車録画機能も標準で搭載されてるようですが、常時録画してるわけではないようです。

・駐車監視モード搭載
衝撃を感知して自動で録画します。
当て逃げなど駐車中のトラブルを記録します。

付属品はシガーソケットで常時電源の接続が無いので、常時録画の駐車監視は無理だと思います。

内臓バッテリかと思いますが、容量とかの記載もなし・・・。

 

cara1

おそらく海外製の安いドライブレコーダーでしょう。映像の録画だけの目的なら大丈夫なのかもしれません。

ただ、商品の細かい性能情報もないのが残念です。買ってはみたけど地デジ干渉してテレビ映り悪いとか、ナビの現在地がおかしいとかあるかもしれません。

画質も悪いとか、暗いとか、夜間の映像は見えないとか・・・

一般的に人気のドライブレコーダーの機能と比較すると物足りない部分もたくさん出て来ます。

商品の性能を理解してダメ元で購入するならアリなのかな・・・

 

360度録画 ルームミラー型ドライブレコーダー【QD-DVR360】の特徴

 

QD-DVR360も同じようなデザインのドライブレコーダーがたくさんあります。

 

QD-DVR360の特徴は、ルームミラータイプなので取り付け位置に悩むことが無いところ。

個人的には、ルームミラーのあの位置にあるレンズは一番良い場所だと思います。

 

ミラーに液晶が内蔵されてるので映像の確認も簡単です。

 

マイナスポイントとしては、先ほどのQD-DVR360Sと基本的に同じです。

映像を撮るだけの商品というかんじです。

このドライブレコーダーで機能・性能面で多くを求めてはダメですね。

 

cara1

レンズの位置的には6つの商品の中でも理想的な位置にあると思います。

ガラスに張り付けた場合、場所によってはルームミラーで死角になるから・・・。

あの位置なら360度きれいに写るでしょう。画質は知りませんが・・・

 

あと、本体の重さによってはルームミラーが下がってくる恐れがあります。ルームミラーの角度を変える時やわらかい場合は要注意です。

 

360度ドライブレコーダーセイワ【PIXYDA PDR600SV】の特徴

セイワ (SEIWA) 360EYE ドライブレコーダー PDR600SV

セイワ (SEIWA) 360EYE ドライブレコーダー PDR600SV

23,670円(11/12 14:00時点)
Amazonの情報を掲載しています

 

セイワのPIXYDA PDR600SVですが、液晶王国のQD-DVR360Sと同じようなデザインです。

セイワのPIXYDA PDR600SVはオートバックスでも販売してる店舗があるので紹介してみました。

 

セイワのPIXYDA PDR600SVの特徴は、垂直方向220度まで録画可能。

画面を搭載してるのでその場で映像の確認ができます。

 

また、LED信号には対策されてるということです。

 

駐車監視機能については下記の記載がありました。

駐車監視モードは、常時録画ではなく衝撃検知時に約12秒間の録画を行う仕様です。そのため、長時間の録画が可能。常時接続ケーブル(オプション)PDR002追加で、長時間監視録画が可能

 

マイナスポイントは、地デジ対策やHDR/WDR機能がなさそうなところ。

 

cara1

PIXYDA PDR600SVも映像録画と割り切って購入すればOKかな。夜間の映像や画質等あまり気にしないならアリかな・・・

 

360度ドライブレコーダー6商品比較表

6つの商品の特徴やマイナスポイントを簡単に説明しましたが、基本的な性能を比較表にしてみました。

 コムテックユピテルカーメイト
液晶王国
液晶王国
セイワ
型番HDR360GQ-01DC3000 d’Action 360
(ダクション 360)
水平360度パノラマ録画
ドライブレコーダーQD-DVR360S
水平360度録画ルームミラー型
ドライブレコーダー QD-DVR360
PIXYDA PDR600SV
液晶サイズ 2.4インチフルカラーTFT液晶無し無し・スマホ確認4.5インチ5インチ4.5インチ
画角
水平360°/垂直240°水平360°×垂直360°
(2カメラ映像を合成)
水平360°/垂直194°水平360度水平360度水平360°/垂直220°
HDR/WDR機能
WDRHDRWDR
LED信号機対応



不明不明
駐車監視機能
オプション(HDROP-14)
オプションマルチバッテリーOP-MB4000
電圧監視機能付 電源ユニットOP-VMU01
駐車監視オプション(DC200)標準?標準?駐車監視モードは、常時録画ではなく衝撃検知時に約12秒間の録画を行う仕様です。
そのため、長時間の録画が可能。
常時接続ケーブル(オプション)PDR002追加で、長時間監視録画可能
地デジ、ナビGPS等ノイズ対策
※ドライブレコーダー固有
テレビ・ラジオ・GPSなどの電波を送受信する製品がある場合、 送受信感度に影響が出る可能性がございます。
こちらは製品の不具合ではありませんので、交換/返品の対象外となります。
※ドライブレコーダー固有
テレビ・ラジオ・GPSなどの電波を送受信する製品がある場合
送受信感度に影響が出る可能性がございます。
こちらは製品の不具合ではありませんので、交換/返品の対象外となります。
不明
記録媒体
microSDHCカード 16GB付属専用SDカード 16GB付属専用SDカード 16GB付属microSD 16GB付属microSD 16GB付属microSD 32GB付属

6つの商品を比較した場合、一番おすすめできるのは機能も充実してるコムテックHDR360Gが良いと思います。

日本製、3年保証あり、SDカードチェック機能とか安心です。

 

360度ドライブレコーダーはあおり運転対策には向いてない

360度ドライブレコーダーの商品を比較してきましたが、そもそも360度ドライブレコーダーを購入しようとする目的は何ですか?

 

もし、あおり運転対策のためにと思ってたらやめた方が良いと思います。

 

360度録画できるから、後方や斜め後方もきれいにしっかりと録画されるかと言えばそんなことはありません。

 

結局、フロントガラスの位置から後方を録画してるので、フロントのヘッドレストやリアヘッドレストなどが必ず邪魔をします。

運転手や同乗者も写り込みます。

 

車内からガラス越しに外を写すので、リアドアやリアガラスの面積が小さいとあまり写らないですよね。

結局、視界の妨げになるものが多いので、後方の録画はあまり期待しない方が良いと思います。

 

とくに下の方は映りにくいので、ナンバープレートとかは自分の車から離れた位置の車しか映らないでしょう。

それで読み取れるくらい鮮明なのかはわかりません。

 

もし、360度ドライブレコーダーをあおり運転の対策に考えるのなら、考え直した方が良いと思います。

あおり運転対策なら前後ドライブレコーダーがおすすめです。

 

前後ドライブレコーダー徹底比較!ケンウッド、コムテック、セルスター

 

でも、360度ドライブレコーダーにもちゃんとメリットはあります。

 

360度ドライブレコーダーのメリットとは

360度ドライブレコーダーは、録画される範囲が広いのがメリット。

この特徴を最大限利用できるのが駐車監視機能だと思います。

 

  • 駐車場に止めてる間に当て逃げされた
  • ドアが凹んでる
  • イタズラされた
  • 車上荒らしにあった

などなど

このような場合、フロントのみのドライブレコーダーだと前の部分しか録画されてません。

前後のドライブレコーダーでも側面は映りません。

 

車の横方向の異常も録画できるのが360度ドライブレコーダーのメリットです。

駐車監視機能はオプション設定の機種が多いので、頭に入れておきましょう。

 

各メーカの駐車監視ユニットはこちら

・コムテック HDROP-14

コムテック HDROP-14を使用した駐車監視機能はこんな感じ

 

常時録画と衝撃録画が別ファイルで保存されます。

また、録画可能時間は次のようになります。

 

 

・ユピテル

オプションマルチバッテリー OP-MB4000

ユピテル ドライブレコーダー用マルチバッテリー OP-MB4000

ユピテル ドライブレコーダー用マルチバッテリー OP-MB4000

22,742円(11/12 20:02時点)
Amazonの情報を掲載しています

オプションマルチバッテリーを接続した場合の駐車監視のイメージはこんな感じ

 

電圧監視機能付 電源ユニット OP-VMU01

電源ユニットを接続した場合の駐車監視機能のイメージはこんな感じ

 

常時録画、イベント録画の設定が可能です。

 

・カーメイト DC200

DC200を接続した場合の駐車監視機能はこんな感じ

 

衝撃検知のみを録画します。


・セイワ PDR002

セイワ (SEIWA) PDR002 常時接続ケーブル PDR002

セイワ (SEIWA) PDR002 常時接続ケーブル PDR002

3,638円(11/12 20:02時点)
Amazonの情報を掲載しています

PDR002を接続した場合の駐車監視機能はこんな感じ

 

衝撃検知後の約12秒を録画します。

cara1

駐車監視機能でも常時録画するタイプと衝撃のみのタイプがあります。

取り付けるなら常時録画してる方が安心です。また、録画可能時間は車両の電圧設定やSDカードの容量で変わるので注意しましょう。

長時間録画するなら、カット電圧低めで32g以上とかのSDカードがおすすめ

ドラレコの意味なし!!ドライブレコーダーが録画されてないよくある原因

 

360度ドライブレコーダー+リアカメラ+駐車監視機能が最強

360度のドライブレコーダーのメリット・デメリットを考えると、360度のドライブレコーダーにリアカメラを取り付けて駐車監視できるようにするのが一番いい気がします。

この組み合わせでも死角になるっ部分はあるとは思いますが・・・

 

リアカメラを接続できる商品では、セイワのPIXYDA PDR600SVがあります。

 

他にも、液晶王国で販売してるドライブレコーダーでもカメラセット商品があります。

ただ、このセットの場合はドライブレコーダーのリアカメラではなく、通常のバックカメラといった感じです。

 

比較的安価な360度ドライブレコーダーではリアカメラを接続できるようですが、他の性能面で疑問もあるので一番おすすめの組み合わせとは言えません。

cara1

コムテックのHDR360Gにリアカメラが接続できると性能面でも満足できるんですけどね。

 

360度ドライブレコーダーのおすすめの取り付け位置

360度ドライブレコーダーを購入したら取り付け位置もしっかりしたいですよね。

 

そこで、私個人的に注意してるポイントを紹介します。

 

ドライブレコーダーの取り付け位置で気を付ける事3つ

ドライブレコーダーの取り付け位置は、フロントガラスの上部20%の範囲以内への取り付けは大前提です。車検通らなくなります。

 

それと、ワイパーのふき取り範囲にカメラレンズがあるのも理想です。

雨の日とか水滴で鮮明な映像が取れなくなります。

 

あと、運転の邪魔にならない位置に取り付けるのも理想です。

 

360度ドライブレコーダーの場合はさらに注意を

それに加えて、360度の場合は死角になるものが無いかを気にしたいです。

 

通常のドライブレコーダーなら助手席側のルームミラー裏付近に取り付ける場合が多いです。

あまり下に取り付けずに、ワイパーの副範囲で。

 

ただ、360度ドラレコをそのような位置に固定すると、ルームミラーが邪魔する場合があります。

 

運転席の方がちゃんと映らないってケースも・・・

それを回避するには、ルームミラーの下端よりもレンズが下にくるのが理想ですよね。

 

なので、360度ドライブレコーダーの取り付け位置を決める際には、4つのポイントを注意して位置を決めるのがいいと思います。

  1. フロントガラス上部20%以内
  2. カメラレンズはワイパーのふき取り範囲
  3. 運転手の運転の邪魔にならない位置
  4. ルームミラーの下端より下にレンズがでる位置

せっかく広範囲に録画可能なので、できるだけ全方向録画できる位置を見つけて取り付けしましょう。

 

まとめ

今回、360度ドライブレコーダーを比較してみました。安い商品は性能面でイマイチな印象があります。

ダメもとで買うならいいでしょう。

 

あと、360度ドライブレコーダーの後方の録画性能は期待しない方が良いと思います。ガラス越しに写ってるという認識でいましょう。

 

ドライブレコーダー選びでは、いざという時にきちんと録画できてるのかも重要なので、安心できるメーカーの商品を選ぶのが良いと思います。

 




最後まで読んでいただきありがとうございます。

記事はお役に立てたでしょうか?

役に立ったと思った方はブログランキングのバナーを
ポチッとクリックしていただけると今後の励みになります。

ブログランキング参加中!!

車の事で知りたいことは「カーサポ」で検索



関連おすすめ記事とスポンサーリンク