ダウンスイングはトップから肩が動き出した次の瞬間に腕を引き下ろす動作が特徴になると言われています。腰や肩の回転のピークはボディーターンの時よりも手前になり動きは小さくなりますが、ショートアイアンではクラブの回転性能が良いためボディーターンのスイングとの差は小さく微妙な違いになると一般に言われています。

ダウンスイングと聞くと、クラブを振り下ろすイメージがあるせいか、トップスイングの状態からすぐにクラブを動かしてしまう人が大変多いです。しかし、正しいダウンスイングというのは、まず最初に、左ひざをアドレスの状態に戻すことから始めます。

スイングをする際に、左手甲の向きと、クラブフェースの向きが同じでなければなりませんので、つねに意識的に自分の動きを確認しましょう。このときに、左手首のコックが正しい位置にあれば、左手甲の向きと、クラブフェースの向きは自然と同じ方向を向くようになります。また、ダウンスイングは、左ひざを意識的にダウンさせましょう。ダウンスイングでは、体のひねりによって蓄積されたパワーをうまく発揮していきます。そのためには、左足の踏み込みからはじまり次に左ひざ、そして腰の戻し、最後に腕を振りをます。

ダウンスイングでは下半身は左に戻ろうとしても上半身はまだ開こうとしません。両手を離してクラブを持ち右手で抵抗しながら下半身から体全体を左に戻すドリル、上体の捻りが残る分、左の後背筋がもの凄く張ってきます。バックスイングで左肩を前に出さない気持ちを持つのと同様に、ダウンスイングでは右肩は前にも出ないし下がらないイメージを持ちましょう。

ダウンスイングの際には、シャフトが地面と平行になった際に、両肩がターゲットとスクエアの関係になるようにし、腰を30度ほど開くとよいでしょう。ダウンスイングの切り返しがうまくできるようになれば、両肩と腰のあいだの回転の差が自然となくなります。トップオブスイングからダウンスイングへの切り返しでは、ヒップターンを意識しましょう。これを意識することで、下半身主導の力強いインパクトを迎えることが出来ます。

ダウンスイングで手を振り降ろしていくときに注意したいのは、左腕でリードしながら右ひじを右わき腹にこすりつけるように引き降ろしていきます。こうすることにより、左腕とシャフトの角度も保たれヘッドのスピードが最高に上がっていきます。




最後まで読んでいただきありがとうございます。

お役に立てたでしょうか?

役に立ったと思った方はブログランキングのバナーを
ポチッとクリックしていただけると今後の励みになります。

ブログランキング参加中!!


関連おすすめ記事とスポンサーリンク