グリーンオンするまで主に使うクラブがアイアンです。アイアンには3番〜9番まであり、さらにアイアンの一種で、アプローチショットで使用するピッチングウェッジ、バンカーショットで使用するサンドウェッジというクラブもあります。初めてゴルフを練習する人は、まずはアイアンから練習する方がいいでしょう。

アイアンショットに大切なのはインパクトです。練習場でうまく行くのは練習マットのおかげ。アイアンショットはインパクトを意識してスイングするとうまくいくと聞いたことがあります。

アイアンは飛距離を出すのではなく、距離を調節するためのクラブです。基本的にいつも同じスイングで、飛ばしたい距離にあったクラブに変えて打つようにします。飛ばそうとすればするほど、右肩が前に出てしまい飛球線上より前方へ体がつっこむ状態が多いようです。

つまりスイングプレーンが小さくなってしまい、ショートアイアンのようにダウンブロー気味にダウンスイングしているのです。しかしそういう打ち方ではシャフトが長い分窮屈な軌道となり、設計通りに当たらないボールはうまく上がってくれないのです。そこでなるべくスイングアークを大きくするように心掛けます。

テークバックを1m程度まっすぐ引く気持ちで、トップまで来たら切りかえしでは、たたんでいた肘を戻すようにします。ダウンでは左脇は締めるようにし、打ち急がずゆったりとしたリズムで払い打ちするように心掛けます。すると打感が軽い極めて力強い球が打てるようになります。

ダウンスイングで右肩を下げないようにしてください。右肩が下がるとダフリやトップが誘発されるばかりではなく、シャフトが寝て入り、軌道が狂って曲がるショットになりがちです。右膝を右側に流さないように意識することで、左肩が伸び上がるのを防ぎ軸に対して水平なボディターンができます。

アイアンクラブの構造は、重心が手前にありソールが細くなっています。つまり、距離よりも方向性を重視したクラブと言えます。
グリーンを直接ねらうクラブでもありスコアにも大きく影響してきますので、しっかりと身に付けましょう。




最後まで読んでいただきありがとうございます。

お役に立てたでしょうか?

役に立ったと思った方はブログランキングのバナーを
ポチッとクリックしていただけると今後の励みになります。

ブログランキング参加中!!


関連おすすめ記事とスポンサーリンク