体のターンでクラブを振りぬくことがアプローチの際には重要なのはご存知でしょう。クラブヘッドをすくい上げ状態にしたり、左ワキが開きやすくなるのは、手元ではなく体の中心であるおへそを支点として意識してしまうためです。

アプローチショットでのスイングの支点は左足の付け根付近に置くべきです。もしもこうした意識を持ちにくい場合は、ショートウッドでゴルフのスイングを見直すことも時には効果的でしょう。

アプローチをピンに寄せるにはこうしたグリーン面の状況判断も重要な要素となります。むろん、たくさんの要因を考えた方が良いのですが、先ずはピンまでの傾斜を意識します。

例えばスライスの傾斜だと判断できたら、スライス回転のアプローチでピンの左サイドに落として転がしていくのが寄せのテクニックです。どのようなショットでも、距離は バックスイングの大きさでコントロールするのが原則で、ボールの軌道やバックスピンの影響などを考慮して ボールの転がりも含めた距離のコントロールができるように 訓練する必要があります。

アプローチショットで大切なのは下半身を使わずに上半身だけでスイングするということです。スタンス幅を狭め、体重を左足に掛けるのは下半身の動きをを制限するためです。アプローチショットはスコアアップには欠かせないものです。しっかりと練習しておきましょう。




最後まで読んでいただきありがとうございます。

お役に立てたでしょうか?

役に立ったと思った方はブログランキングのバナーを
ポチッとクリックしていただけると今後の励みになります。

ブログランキング参加中!!


関連おすすめ記事とスポンサーリンク