練習場で一番覚えにくいのがバンカーショットです。ボールでなく砂を打ってボールを出すという実感が、なかなかつかめないと思います。

バンカーショットではオープンスタンスで構えます。フェースを開いてグリップします。アドレスのときにフェースを開いておかないと砂にクラブをとられて最後まで振り抜けなくなります。グリップしてから開くとインパクトで閉じてしまうため逆効果です。

ボールの位置は真ん中より左に置きます。足が滑らないように砂に潜らせます。ボールは、野球ボールぐらいの大きさにイメージします。実際のボールではなく、その野球ボールを目標に飛ばすつもりで、その砂を打ちます。

インパクトではボールの5センチ手前を狙います。ボールの5cm手前を思いっきり振りぬいてください。練習場では、野球ボールをイメージして、実際のボールよりも手前からダフらせて打ってみると、ある程度感覚がつかめてくるでしょう。

ボールを直接打つのではなく砂と一緒に運びます。ボールを飛ばす距離は砂を飛ばす距離と考えてください。必ず最後まで振りぬきます。

バンカーでの、最初の目的は、一発で確実にバンカーから脱出することです。特殊な打ち方を覚えなくても、ボールは出せます。




最後まで読んでいただきありがとうございます。

役に立った!!

と感じた方は以下のバナーをポチッとクリックしていただけると
今後の励みになります。

ブログランキング参加中です。


関連おすすめ記事とスポンサーリンク