今回は、廃車の時に戻ってくる自動車税、重量税、自賠責の還付金の手続き方法の話。

これまで乗っていた車を廃車にするとなった時に、車の処分の費用がかかるだけだと思うのは間違いで戻ってくるお金もあります。

 

 

今回は納めすぎた税金について見ていきます。

自動車の維持費としてかなりの負担となる税金ですが、ここで取り上げるべきは自動車税と自動車重量税、自賠責保険料です。

 

乗ってた車を廃車にすると自動車税が戻ってくる!

 

 

自動車税は毎年4月1日時点で所有者が納めなければいけない税金です。

軽自動車は一律で自家用自動車については総排気量によって税額が変わってきます。環境に優しいエコカーであれば減税が適用されます。

自動車税は1年分を納めるわけで、もし、年の途中で廃車にしてしまうのならばの残りの分は余計な負担となります。

そこで手続きをすれば翌月から先の分が戻ってきます。

 

自動車税を還付してもらう条件

自動車税を還付してもらう条件としては、

  • 残り期間がなくなる3月直前の手続きではないこと
  • 他の地方税を納めていること
  • 軽自動車ではないこと

となります。

残り期間がなければ還付される分がないというのは当然として、地方税を納めているかというのは納めていなければ、還付金が滞納分の穴埋めに使われてしまうからです。

 

自動車税を還付してもらう方法

自動車税の還付金をもらうためには、運輸支局にて廃車の手続きをすれば自動的に還付されます。

 

ディーラーや業者に自動車税の還付を頼む際の注意点

手続きをディーラーや業者に任せる方法もありますが、そうなればタイムラグですぐに手続きしてもらえないこともあるので、還付金の額が減る可能性があるので注意しましょう。

 

特に2月に手続きをして還付金を期待していたのに3月までずれ込んだり、3月に引き渡したのに4月になってしまい次の年の自動車税を納めなければいけなくなる可能性もあります。

そのようなことにならないように余裕を持つことが大切です。

 

自分で自動車税の還付手続きをする方法

自分で自動車税の還付手続きをするときの手続きの方法は、ナンバープレートを外して車を解体し車検証を申請書などを運輸支局に提出、そしてナンバープレートの返却をしてから隣接する自動車税事務所にて自動車税還付の申告をします。

 

すると1ヶ月から2ヶ月位してから還付通知書が届くので、金融機関で受け取ります。

指定口座への振込もできるので、引っ越しをするときも前に住んでいたところに戻る必要はありません。

 

乗ってた車を廃車にすると重量税も戻ってくる!

 

 

それから車の購入時と車検時に納める自動車重量税も戻ってきます。

自動車重量税は自動車の重量ごとに税額が決まっており、新車登録時は3年分を車検時には2年分を納めることになっています。

こちらは自動車税と違って軽自動車も対象です。

 

自動車重量税を還付してもらう方法

廃車の手続きをするときに、永久抹消登録申請書または解体届出書に、還付申請書がついているので運輸支局に提出すれば手続きができます。

戻ってくるお金は手続きをした翌月から車検の残り有効期限までの月割です。

 

申請をすると書類の内容が正しいのかを審査が行われて、問題がないということであれば還付金が戻ってきます。

申請からおおよそ2ヶ月位はかかります。

指定の口座へ振込かゆうちょ銀行あるいは郵便局での受け取りです。

 

乗ってた車を廃車にすると自賠責保険も戻ってくる!

 

 

自動車を所有するならば、誰もが加入しなければいけない自賠責保険もお金が戻ってきます。

自賠責保険も自動車重量税と同じように車検のタイミングで支払う保険料です。

 

保険料についてはどこの保険会社でも同じですが、保険会社に解約を申込だ日の翌月から残りの加入期間の分が戻ってきます。

 

残りが1ヶ月未満となったときには、戻ってくるお金はありません。

 

自賠責保険を還付してもらう方法

手続きの方法は、廃車をして証明書類をもらった後に、加入している自賠責保険の保険会社に解約手続きを行います。

どこの保険会社か確認したいときには、自賠責保険の証書を調べてください。

 

解約手続きは保険会社の窓口にいくか、郵送でできます。

解約ができたならば指定されてた銀行口座に振り込まれます。自賠責保険の解約金については、現金での受け取りはできないので注意が必要です。

 

廃車還付金お見積り自動計算ツールが便利

自動車税、重量税、自賠責の還付金の手続き方法などを紹介してきましたが、いま廃車にしたらいくらお金が戻ってくるのか気になりますよね。

そこで廃車の際の還付金の計算に便利なツールを発見しました。

 

これは実際に私の車を廃車した際に戻ってくる還付金の数字です。(2018年9月に計算)

 

 

車検が2019年9月ですが、約4万円の還付金と計算されました。

この廃車還付金の計算ツールは、廃車ひきとり110番という廃車の無料見積・査定サービスを行ってるホームページにあります。

>>廃車・不動車の買取 廃車無料見積・査定サービス|廃車ひきとり110番

 

還付金が計算できるついでに、廃車・不動車の無料見積もり依頼してもいいですね。

業者に頼んだ方が楽なことも・・・

 

まとめ

乗ってた車を廃車にする場合は、廃車費用でお金が出ていくだけでなく戻ってくるお金もあるので、廃車のタイミングなども考えて処分した方が良いです。

また、廃車ひきとり110番など廃車の買取業者をうまく利用すれば、廃車の費用が出ていくのではなく、買い取ってもらえる可能性もあるので廃車の買取業者も上手に利用するようにしましょう。

 




最後まで読んでいただきありがとうございます。

お役に立てたでしょうか?

役に立ったと思った方はブログランキングのバナーを
ポチッとクリックしていただけると今後の励みになります。

ブログランキング参加中!!


関連おすすめ記事とスポンサーリンク