沈み込みながら打つ体勢を沈み込ませながら打たないとラケットが先に出てしまい、打球が浮き上がってしまいます。沈み込みながら打つことで打点が安定し、より確実なアプローチショットが打てます。

前に行くほどスイングはコンパクトにするどの位置でも同じスイングをしていたのでは同じ距離しか飛びませんし、ネットに近づくほどアウトしてしまう可能性もあります。ベースライン付近を狙えるのが一番良いのですが実際に練習を重ねて、身体で覚えていきましょう。

次の動きを考えて打つ最も大切なことは、どこに打って、その後どこにポジションを取るかということです。つまり、アプローチショットは、次のボレーを打つためのショットなのですから、その次のショットをどう打つか、常にそのことを考えていなければアプローチショットを打つ意味がないのです。

ドロップショットとは相手のネットぎりぎりに落とすテニスコートボールのことで、これが決まれば足の遅い相手ならエースになってしまいます。また、決まらなくてもその次のショットにロブを使って相手の頭上をこしたり、パスでサイドを抜いたりして、ポイントをねらうことができます。ただし、ネットぎりぎりに落とさないと、逆に相手にチャンステニスコートボールを与えてしまうことになりますし、狙いすぎるとネットにかかってしまって自分の失点になるというリスクもあるのでこのドロップショットは足の遅い相手のとき、相手が油断しているとき、追い込んで余裕があるときなどに使うようにしましょう。ドロップショットを打つコツはスライスロブを短く打つつもりで打てば比較的簡単に覚えられます。スライスなのでブリップはイースタンかコンチネンタルにしましょう。バックスイングはロブと同じで、ラケットのヘッドが手首より下がらないようにして、ラケット面を上に向け、リラックスしてテニスボールを待ちます。

テニスコートボールを止めようとして手首をかたくすると、逆にテニスコートボールは飛びすぎてしまいます。手首をやわらかくして、テニスコートボールをそおっとつかむような感じが大切です。ドロップショットやスライスロブはテニスコートボールにスライス回転をかければあとは距離だけで簡単に打てるイメージがありますが、これを確実に打てることで相手に恐怖心を与えることができます。例えばドロップショット。これが確実に相手の浅いところに入れることができるとしましょう。浅いところに確実に打てるということで相手は常にドロップショットを警戒しとかなければなりません。スライスショットの構えを見たら前へ走る準備をしなければなりません。相手が前へ走ろうとしているときにいきなり普通のスライスショットがきたらどうでしょう。相手は下がりながら打たなければならないので当然こちら側のチャンスです。あとはアプローチで前へでてボレーで決めるなどのパターンでポイントが取れればベストです。




最後まで読んでいただきありがとうございます。

役に立った!!

と感じた方は以下のバナーをポチッとクリックしていただけると
今後の励みになります。

ブログランキング参加中です。


関連おすすめ記事とスポンサーリンク