手首、ひじのスナップだけで打たない確かに手首やひじを支点に振ると回転はかかりやすいですが安定性に欠けています。ひじは少しだけ曲げて手首は使わず、肩を支点に回しながら打つと安定してきます。

しっかり踏み込んで打つ一見簡単なショットに見えますが、少しでもコントロールが乱れればネットに掛かったり、相手にとってチャンステニスボールとなってしまいます。しっかり身体を横に向けて踏み込んで打つと安定したショットが打てます。

打った後のことを考える足の速い相手だったりコントロールが乱れて相手に拾われる可能性が出てくる場合には次にどこに打ってくるか考えておかなければなりません。さらに打ってきたテニスボールをどこへ打つかも考えておきましょう。

ロビングは守備的に見えるが、使い方をマスターすれば十分に攻撃的なショットになります。ネットに出てきた相手の頭上を一気に抜くのか、とりあえず相手を後ろに下がらせるのか、あるいは相手にスマッシュを打たせてミスを誘うのか、簡単なテニスボールだが意外にコントロールするのは難しい。もしコントロールミスしてしまうと相手にとってチャンステニスボールとなってしまうからだ。

攻撃的な気持ちでテニスボールを上げることも、ロビングを成功させる大切なポイントである。そのためにはパスを打つくらいの気持ちと構えでショットに望みたい。普通のストロークと同じように膝を曲げてテイクバックし、一瞬のタメをつくった後にインパクトの一瞬の調整でロブを上げる。また、基本的には相手のバックサイドを狙うようにしたほうがいいです。多少コントロールミスでテニスボールが浅くなってもスマッシュを決められにくいからです。ロビングには大きく分けて二つあり、スライスロブとトップスピンロブがある。スライスロブはスライス回転を与えればテニスボールは上がりやすくコントロールもしやすい半面、手打ちでカットして打ってしまってテニスボールが浅くなりがちなのでしっかりスイングしてテニスボールに回転をかける必要があります。

相手のナイスショットで自分が苦しいときやコートから追い出されたとき自分がコート内に戻る時間をかせぐときによく使われます。打ち方としては円を描くようなスイングでテニスコートボールの外側を打つ気持ちで打ちましょう。テニスボールの内側を打ってしまうとサイドスピンがかかってしまい、コントロールが非常に難しくなるからです。次にトップスピンロブは相手コートに落ちてから大きく弾んで伸びるため、より攻撃的なポイントのとれるショットです。スイングのポイントはパスを打つようなテイクバックで低く構え、下から上にラケットを一気に振り上げる。スイングの振り抜き角度が最も大きくなるのがトップスピンロブなので打つポイントまでテニスボールをしっかり見ておかないとフレームショットになってしまったりするので注意してください。




最後まで読んでいただきありがとうございます。

役に立った!!

と感じた方は以下のバナーをポチッとクリックしていただけると
今後の励みになります。

ブログランキング参加中です。


関連おすすめ記事とスポンサーリンク