自分の横で打つボレーをするときは自分の横で打つようにしてください。自分の前の方で打ってしまうと力が伝わりにくくなり、あまり前へ飛ばなくなります。

左ヒザを曲げる正確なショットを打つためには身体全体でテニスコートボールの後ろへ入っていく気持ちが大切です。そのためにはしっかり左ヒザを曲げてテニスボールの高さと同じくらい体勢を低くすることが大切です。

手首は動かさない手首を動かしてしまうとショットが安定しにくくなります。タイミングが合わないとテニスコートボールが左右にちらばってしまったり、ネットやアウトしてしまうことも増えてしまいます。

相手の返球が頭上高く、しかもゆるく上がってきたとき、これを高い打点から思い切り相手のコートに叩きつける打ち方がスマッシュです。スマッシュを打つためには自分の頭上を越えるような高い球が返ってきたら、まずはそのテニスボールの落下点にすばやく入る必要があります。つまり、後ろに下がらなくてはならないのですが、この下がり方の上手さで次の動作に大きな影響を与えます。例えば野球でも頭越しの深いフライをキャッチするとき正面を向いたままバックしたのでは間に合わない場合があります。このようなときは身体を横向きにして外野フェンスに向かって走り、十分キャッチできると思ったときに体勢を整えて捕球します。テニスでロブの深いテニスボールがきたときも同じです。身体を右に向けて追いかけると追いついたと同時にスマッシュの準備を整えることができます。テニスボールの落下点まで追いついたらテニスボールを見ながら軽くテイクバックさせます。そのときあまり右肩を下げないようにします。左手はテニスボールに向かってまっすぐ指し、タイミングを計ります。

テニスボールの落下に合わせてラケットを引き上げ、大きな円を描くようにスイングして、最も高い打点でテニスコートボールをとらえます。テニスボールを完全にとらえられたら、次はいかにして強い粉砕力をもったテニスコートボールを相手のコートに叩きつけるかです。ただしスマッシュは強ければ強いほうがいいのですがたた強く打つだけでは相手にキャッチされてしまう可能性があります。確実に決めるには、多少威力が小さくても相手のいないところを狙うようにします。また、浅いロブに関してはネットの近くに短く叩きつけ、2バウンドするまでにフェンスに直撃するくらい打てれば100%決まります。強いスマッシュを打つことで浅いロブが打てなくなり相手に脅威を与えることができます。強く打てなくてもワンバウンドさせて返すよりは相手にプレッシャーを与えるためにがんばって打ちましょう。




最後まで読んでいただきありがとうございます。

役に立った!!

と感じた方は以下のバナーをポチッとクリックしていただけると
今後の励みになります。

ブログランキング参加中です。


関連おすすめ記事とスポンサーリンク