自分の横で打つボレーをするときは自分の横で打つようにしてください。自分の前の方で打ってしまうと力が伝わりにくくなり、あまり前へ飛ばなくなります。

右ヒザを曲げる正確なショットを打つためには身体全体でテニスボールの後ろへ入っていく気持ちが大切です。そのためにはしっかり右ヒザを曲げてテニスボールの高さと同じくらい体勢を低くすることが大切です。

手首は動かさない手首を動かしてしまうとショットが安定しにくくなります。タイミングが合わないとテニスボールが左右にちらばってしまったり、ネットやアウトしてしまうことも増えてしまいます。

バックボレーは、基本的にはフォアボレーと同じ打ち方と考えていいでしょう。身体の前で、鋭くコンパクトにテニスコートボールを叩きます。決して、全力でひっぱたいて遠くへ飛ばそうなどと考えてはいけません。ミスショットのもとです。ラケットに当てさえすれば、ラケットが勝手にテニスコートボールを飛ばしてくれる、というぐらいの気持ちでいるほうが、思い通りのテニスボールが飛んでいくものです。バックボレーは両手打ちからはじめましょう。野球のグラブでテニスコートボールをキャッチするような感じですから、身体の後ろまでラケットを引く必要がないことはわかるでしょう。このとき、大切なのは右脇の下をあけないようにすることです。脇をあけると、どうしてもラケットが寝てしまい、インパクトで再びラケットを立て直さなければなりません。身体はフォアとは逆に右肩を少しターンさせて、ネットに対して45度くらいにします。バックは力が入りにくいので、身体を横に向け過ぎる傾向がありますが、脇があく原因になりますから注意しましょう。下半身をほとんど動かない状態でボレーをする人がいますがそれは大きな間違いです。

ボレーは基本的に身体の横で打つものなのでそこで打てるように足を動かし、準備しなければなりません。また確実のラケットの真ん中でボレーをするためにはテニスコートボールをよく見る必要があります。そのためにはラケットが一番近い同じ高さまで顔を下げてやるといいでしょう。もちろん顔を下げる調整は足の曲げ具合で調整します。常に顔の横でボレーができると基本も身に付けやすく、安定してボレーができるので是非実践しましょう。またローボレーはヒザを深く折り、テニスコートボールを身体の前でとらえます。強くスイングしようとせずに、コンパクトにはじき返すイメージで打ちます。グリップだけが先にいって、ラケットの面が後ろからついていくショットになってしまうケースがありますがこれも注意してください。原因としては面を上へ向けすぎたり、ラケットを振ってしまってたりするのが主な原因です。手首を固定し、ひじの動きだけで打つと安定して打つことができます。




最後まで読んでいただきありがとうございます。

役に立った!!

と感じた方は以下のバナーをポチッとクリックしていただけると
今後の励みになります。

ブログランキング参加中です。


関連おすすめ記事とスポンサーリンク