コンパクトに小さく振るサーブはどのショットよりも速いです。そのショットを振り遅れずにしっかり返す方法はコンパクトに小さく振ることです。大振りせず、テークバックも小さくして合わせる感じで打ちましょう。面だけ合わせてボレーみたいに返球するブロックリターンも効果的です。

とりあえずは返すシングルス、ダブルスともに基本的にサービスゲームはキープするものなのでレシーブを確実に返球することでブレイクチャンスが生まれてきます。

後ろに下がりすぎないサーブの打てる範囲は決まってますが、レシーブの位置を後ろに下げすぎると角度のついたサーブが取れなくなってしまいます。反応できる位置でできるだけ前の方でレシーブするようにしましょう。そうすることで相手にもプレッシャーを与えることができます。

フォアボレーで一番大切なことは、テニスボールにラケット面をどのように当てるかということと、そのタイミングです。どんなに力いっぱいラケットを振り回しても、この当て方とタイミングが悪いと、威力のあるテニスボールは打てません。この当て方とタイミングをつかむのに格好の打ち方、それがボレーです。このボレーを練習することで、その他のストロークも必ず上手になることでしょう。まずフォアボレーの練習は、二人一組で行うことにしましょう。パートナーが投げたテニスボールをラケットではね返してネットを越えさせます。ただし、ラケットを振ってしまってはいけません。テニスボールの軌道にラケット面を出し、テニスボールを受け止める感じです。これがマスターできたら、次は、ラケットにテニスボールが当たった瞬間、グリップに力を入れ、テニスボールを押し出すようにしてみましょう。この感じがつかめたら、今度は、テニスボールが当たる直前に、利き腕と反対側の足を一歩前に踏み出してみます。ボレーをするときですがまずテニスボールを前で打ちすぎないようにしてください。前で打ちすぎるとあまり力が入らなくなり、思うようにコントロールできなく、あまり前へ飛びません。

しっかり身体の横で打ち、押すような感じでボレーしてください。次にラケットは振りすぎないようにしてください。ちょうどいいタイミングで打てれば最高なのですがそうはうまくいきません。それに面も安定しないし、打点も合わすのが難しいです。次の行動にも遅れてしまうので振らないようにして構えの位置に戻るようにしてください。グリップは緩めにしておきラケットに当たった瞬間だけグリップを握ってください。それが一番安定していて面もほとんどずれないし、スピードテニスボールが打てます。実践練習やゲームの時などは考えてる時間もないので早く準備できるようにフォームをしっかり固めておきましょう。




最後まで読んでいただきありがとうございます。

役に立った!!

と感じた方は以下のバナーをポチッとクリックしていただけると
今後の励みになります。

ブログランキング参加中です。


関連おすすめ記事とスポンサーリンク