今回は、アルトワークス(HA36S)ホーン交換の取り付け位置の話。

以前、フォグ無しのアルトのホーン交換の方法を紹介しました。

アルトホーン取り付け(フォグ無し)

今回は、アルトワークス(HA36S)フォグ付きのホーン交換の方法を紹介します。

 

アルトワークス(HA36S)ホーン交換方法

今回、アルトワークス(HA36S)の交換したホーンはミツバのアルファ2コンパクト

まず、バンパーの取り外しから

バンパー上部のボルト、クリップの取り外し。

ナンバープレート裏のボルトの取り外し。

フェンダー部分のクリップ、バンパー下部のクリップを取り外します。

あとは、クリップで固定されてるので引っ張って外します。

ヘッドライト上部のグリル部分はちょい持ち上げ気味で外せます。

 

純正のホーンは1個付いてます。

HA36Sアルトワークス純正ホーン取り付け位置

交換するホーンの取り付け位置を探します。

右ヘッドライト下

左ヘッドライト下

今回、フォグランプがあるためフォグ無しの位置は無理な感じです。

で、取り付け位置に決めたのがここ

純正のボルトは外して共締めします。ホーンを左右に振り分けます。

 

右ヘッドライト下の場合の例

フォグランプが斜め下にくるため、ホーンを出来るだけ上にくるように仮固定してみました。

すると、バンパーの一部に干渉・・・

HA36Sアルトワークスホーン取り付け位置NG

ということで、作戦変更。

斜め下に向けて、後方へステーを曲げると干渉しなく取り付けできました。

HA36Sアルトワークスホーン取り付けOKな位置

ホーンが前方へ出ないように後方へ

HA36Sアルトワークスホーン取り付けOKな位置

バンパー裏の様子はこんな感じ。

ステーの角度によってはメッキパーツが端子の部分に干渉しました。

HA36Sアルトワークスホーン取り付けOKな位置

 

左も同様に固定します。

HA36Sアルトワークスホーン取り付けOKな位置

バンパー裏はこんな感じ

フォグランプユニットとの干渉も大丈夫です。

HA36Sアルトワークスホーン取り付けOKな位置

電源等の配線は延長して接続しています。

予算がOKや良い音ならしたいならリレーの取り付けがおすすめ。

 

配線を繋いで音がしっかりなれば外したバンパー等を元に戻して、ホーン交換終了です。

まとめ

今回は、アルファ2コンパクトでこのような感じで取り付けをしました。スペースがあまりないので取り付け可能なホーンも限られてくるかもしれません。

「HA36S ホーン交換」などで検索すると他のホーンの取り付け位置も見れるので色々と参考にすればいいでしょう。

ただ、ステーが回転できないタイプや外径の大きなホーンは取り付けが困難な可能性があります。




最後まで読んでいただきありがとうございます。

記事はお役に立てたでしょうか?

役に立ったと思った方はブログランキングのバナーを
ポチッとクリックしていただけると今後の励みになります。

ブログランキング参加中!!

車の事で知りたいことは「カーサポ」で検索



関連おすすめ記事とスポンサーリンク