今回は、アルトの異形オーディオの交換の話。

アルトは、2014(平成26)年12月以降のモデル。型式HA36S、HA36Vのモデルです。

この車両が純正の異形オーディオが装着されてたので、社外品のカーナビへ交換依頼。

その際に使用した部品などを紹介します。

純正のCDデッキは形が専用なので、オーディオパネルの交換が必要になります。

 

今回、取り付けをしたナビがコチラ

パナソニックのCN-RA05WD

配線などの変換が必要なので使用した取り付けキットがコチラ

NKK-S78P

 

そして、重要なパーツがオーディオ交換ガーニッシュ

これは純正の部品を使用します。

アルト(HA36S)オーディオ交換ガーニッシュ

73821-74P20-PUV (VP用)

アルトのオーディオ交換ガーニッシュの品番

SUZUKI (スズキ) 純正部品 カバー 品番73821-74P00-PUV

SUZUKI (スズキ) 純正部品 カバー 品番73821-74P00-PUV

1,650円(09/21 22:40時点)
Amazonの情報を掲載しています

色はアイボリーです。

F・L・S・X 用は「73821-74P20-PZR」グレージュになります。

アルト異形オーディオ交換方法

異形オーディオの交換方法ですが、オーディオパネルは引っ張って外します。

社外品のオーディオ交換なら取り付けキットに入ってる線とオーディオの線を繋いで、ブラケットを付け替えれば交換は終了します。

ちなみに、紹介したキットは200mmワイドようなのでオーディオの場合は180mmのキットが必要です。

日東興業ならNKK-S71D、NKK-S21D。

 

車速、バック信号用5Pカプラー付き

 

 

今回のようにカーナビの場合は、左右Aピラーの取りはずし、グローブボックスの取り外しが追加になります。

取り付けキットに車速、バック信号用のカプラーも入ってるので繋ぎます。

TVアンテナ、GPSアンテナを取り付けて、最後にナビを取り付けます。

 

オーディオ交換ガーニッシュにエアコンのルーバーを移植してパネルを取り付ければ完成です。

余談ですが、アルトのAピラーとダッシュボードの隙間って気になりますね・・・

 

まとめ

今回、アルトの異型オーディオを交換するための部品を紹介しました。

オーディオ交換ガーニッシュはカラーがあるので間違えないようにしましょう。

ナビの取り付けキットは、紹介したキット以外のメーカーでもあるので必要に応じて検索してください。




最後まで読んでいただきありがとうございます。

記事はお役に立てたでしょうか?

役に立ったと思った方はブログランキングのバナーを
ポチッとクリックしていただけると今後の励みになります。

ブログランキング参加中!!

車の事で知りたいことは「カーサポ」で検索



関連おすすめ記事とスポンサーリンク