今回は、サンヨーのカーナビに連動してるETCを配線加工で再利用する方法を紹介します。

 

サンヨー製のナビから他社のナビへ交換する際に、サンヨーのカーナビと連動してるETCが装着されていました。

全てのナビの型番で同じ方法なのかはわかりませんが、参考にご覧ください。

 

サンヨーのカーナビの型番はNVA-HD3809

今回、交換するカーナビはNVA-3809

 

 

連動して取り付けられていたETCが三菱製?かな

 

 

ナビ裏の連動ケーブルは青いカプラーでした。

 

 

このカプラー、以前クラリオンのナビと連動してたものと同じ形状。

 

クラリオン製ETCの電源はどれ?単独使用の配線加工方法

ただ、配線の色は違っています。

多分同じ位置だと思うのですが、心配だったので色々調べました。

 

ETCはパイオニアと同じかなというので、パイオニアのETCの電源をチェック。

端子位置と配線色を見たところ、クラリオンの時と同じでした。

 

ということで、サンヨーのカーナビに連動していたETCを単独使用する場合、次のように配線を加工すれば使用できます。

 

 

端の「赤線がプラス」、その横の「緑線がマイナス」

配線を加工してアクセサリー電源、アースを接続すれば、ETCの電源が入るので単独で使用することができます。

 

まとめ

今回は、サンヨー製のナビと連動していたETCの再利用方法を紹介しました。

今回とは違う場合もあるかもしれませんが、頻繁にある作業ではないので記録しておきます。

 

無理に加工して使用せずに新しくETC2.0に交換してもいいんですけどね・・・。




最後まで読んでいただきありがとうございます。

記事はお役に立てたでしょうか?

役に立ったと思った方はブログランキングのバナーを
ポチッとクリックしていただけると今後の励みになります。

ブログランキング参加中!!

車の事で知りたいことは「カーサポ」で検索



関連おすすめ記事とスポンサーリンク