今回は、トヨタRAV4のホーン交換の話。

2019(平成31)年4月以降にモデルチェンジした4代目のRAV4

型式は、MXAA52、MXAA54、AXAH52、AXAH54とかのモデルです。

今回の車両では純正ホーンは2個、グリルの裏にありました。

ちなみに、RAV4のホーンが3個とか話題になってるようですが、エンジンルーム内にあるのはセキュリティーのサイレンのホーンです。

では、RAV4のホーン交換の話へ戻ります。

RAV4のホーン交換|カバーを外せば簡単に交換可能

今回、RAV4に取り付けをしたホーンは、ミツバのアルファ2

グリル裏にはスペースがあるのでコンパクトではなくアルファ2の方を選択。

まずは、グリル上部のカバーを固定してるクリップ、グリル上部のボルトを外します。

トヨタRAV4のホーン交換方法

カーバーを外すと簡単にホーン交換できそうですが、ボンネットのレバーが邪魔してます。

カバーを少しずらして隙間からホーン交換をチャレンジ。

1個はこれ。カバー浮かせればボルトは外せます。

トヨタRAV4の純正ホーン

もう1個は反対側。

トヨタRAV4の純正ホーン

ちょっと遠いけどなんとかボルトは回せます。

ボルト緩めてホーンの取り外し。

男性ビックリ

ボルトは落とさないように要注意!!

と思ってたら落としました・・・

ボルトを落としてしまったため次の作戦。

バンパー外すか、カバー外すか・・・

選んだのは上部のカバーの取り外し。

ボンネットレバーが邪魔してカバーが取れないかと思いましたが、グリルを前方に広げて、グリルがかぶさってた位置(ボルトの位置)を強引に変形させると、カバーを外すことに成功。

ボンネットレバーが邪魔でカバーが取れない

cara1

ボンネットキャッチがボルト3本で固定されてるみたいなので、キャッチを取り外せばレバーも邪魔になりません。

あと、カバーを割らないように注意しましょう。今回は、エンジンが温かったためカバーも温まってました。樹脂なのでその分変形しやすかったです。

カバーが外せたら、純正ホーンの取り付け位置は丸見えです。

落としたボルトはすぐ見つかりました・・・。

 

2個の純正ホーンを外したらアルファ2の取り付け。

簡単に交換できると思いましたが、1ヶ所気になるところが・・・

トヨタRAV4の純正ホーン固定位置の突起

純正のホーンの固定位置の一部に突起があります。

純正ホーンのボルトを締める際にステーが回っていかないようにするストッパーの役目をしてる感じ。

今回のアルファ2では、ホーンの開口部を下に向けると片方だけこの突起が邪魔になります。

アルファ2はステーは回せないし、開口部を下にするとステーは斜め方向になるから・・・

だから、ワッシャーをスペーサー代わりに使用して突起に当たらないように対策。

トヨタRAV4のホーン交換方法のスペーサー

反対側は干渉せずに固定できました。

トヨタRAV4のホーン交換方法

アース線を作って接続。プラス線はホーンの端子の向きによっては純正がそのまま刺さるかもしれません。無理なら延長して接続です。

cara1

RAV4のホーンは大きめのタイプも入りますが、ホーンステーが回転できるタイプか、ステーは回転できないけどステーとホーンの開口部が直線(真下にぶら下げるタイプ)だと突起に干渉することは無いと思います。

例えばこんなの

MITSUBA [ ミツバサンコーワ ] 超音700HZ [ホーン] HOS-06B

MITSUBA [ ミツバサンコーワ ] 超音700HZ [ホーン] HOS-06B

6,480円(11/27 06:20時点)
Amazonの情報を掲載しています
スリムスパイラル2 HOS-08B

スリムスパイラル2 HOS-08B

3,250円(11/27 16:31時点)
Amazonの情報を掲載しています

他にも色々あると思います。

まとめ

今回、RAV4のホーン交換について紹介しました。カバー(パネル)を浮かせて交換もできますが、ボルト落とさないように注意です。

カバーは頑張れば外せますが、破損やキズなどには注意しましょう。暖かいとカバーも変形しやすく曲げても破損しませんでした。

無理なことしたくない方は、ボンネットキャッチを外したり面倒だけどバンパーを外してホーン交換を行った方が良いでしょう。




最後まで読んでいただきありがとうございます。

記事はお役に立てたでしょうか?

役に立ったと思った方はブログランキングのバナーを
ポチッとクリックしていただけると今後の励みになります。

ブログランキング参加中!!

車の事で知りたいことは「カーサポ」で検索



関連おすすめ記事とスポンサーリンク