今回は、フォルクスワーゲンUPのアクセサリー電源取り出し位置情報

 

アクセサリー電源はヒューズなどからも取り出せますが今回は一例として、シガーソケットからの取り出し方です。

 

フォルクスワーゲンUPのシガーソケットの取り外し方

シガーソケットの取り外し方は

 

vwupacc01

 

ツメは3ヶ所にありますが・・・

 

vwupacc01-1

 

 

vwupacc02-1

右側のツメはコの字でささってる感じなので、取り外しは左側からいきます。

vwupacc02-3

 

vwupacc05-1

左の端に薄いヘラでも突っ込んでこじれば取れるかな

 

配線の色は、プラスが『赤/黄』、アースが『茶』。フォルクスワーゲンは昔から『茶』線がアースになってますね。

 

ところで薄いヘラってどんなの?

細い隙間とかこじる時に便利なのが薄いヘラです。こんなやつ

 

幅が広い場合とか削って使いやすくします。

 

よく下のような内張りはがしを使うと思いますが、先端の厚みが原因でパネルを浮かすのが困難になります。

 

エーモン 内張りはがし プラスチック製ソフトタイプ 1427

エーモン 内張りはがし プラスチック製ソフトタイプ 1427

300円(11/18 17:57時点)
Amazonの情報を掲載しています

 

さっきの薄いヘラは先端が薄いので隙間に入れることができてこじるきっかけになります。

 

ただ、薄いだけあって強度もそんなにありません。

フニャっとヘラが曲がるだけで、内張りとか浮かない場合もあります。

 

そんな時は、樹脂が固い位置(しなりが少ない場所)までヘラを削って、先端だけ薄く加工したりもします。

 

薄いヘラで隙間を少し広げて、通常の内張りはがしのヘラを使ってもいいでしょう。




最後まで読んでいただきありがとうございます。

記事はお役に立てたでしょうか?

役に立ったと思った方はブログランキングのバナーを
ポチッとクリックしていただけると今後の励みになります。

ブログランキング参加中!!

車の事で知りたいことは「カーサポ」で検索



関連おすすめ記事とスポンサーリンク