今回は、C-HRのホーン交換の方法の話。

C-HRのホーン交換は基本的にバンパーを外して交換するほうがいいですが、バンパー外さないで交換することもできました。

 

 

そこで、バンパー外す場合とバンパー外さない場合のC-HRのホーン交換の取り付け位置の例を紹介します。

 

C-HRのホーン交換の方法|バンパーを外す場合

C-HRのバンパーの外し方ですが、エンジンルームのグリル部分のカバーの取り外しからスタートです。

 

プッシュタイプのクリップとネジで固定されています。クリップは真ん中を押し込めばロック解除されます。

写真のクリップが全てではありません・・・

 

 

わかりにくい場所にも一つあります。

 

 

カバーを取り外したらグリルの部分のネジを取り外します。

3本だったかな・・・

 

 

次に、フェンダー部分とバンパー下のネジを外します。

フェンダーの部分はフェンダーアーチモールを一部外します。

クリップとネジを必要なだけ外します。

 

 

フェンダーアーチモールを全部取り外してもいいですが、前方を外して浮かせて作業すればバンパーは取り外せます。

ただ、バンパーの取り外し・取り付けの際に傷などつかないように養生シートなどで保護した方が安全です。

 

クリップとネジを外したら引っ張ればモールは外れますが、モールのクリップが固い場合があります。

こんなツメでかかってます。

 

 

強引に引っ張るとモールからクリップが取れたりする、変形する可能性があるので注意して作業しましょう。

 

 

あまりにも硬い場合は、ヒートガンなどで温めてあげると樹脂が柔らかくなって外しやすくなるかも・・・

 

バンパー上部、フェンダー、バンパー下部のクリップ・ネジを取り外せばバンパーを取り外します。

ちなみに、エンブレムの部分に「カメラ」や「ミリ波レーダーのセンサー等」が付いた状態でバンパーを外すことになります。

 

cara1

ミリ波レーダのセンサーが付いたバンパーを取り外すことはOKなのか?ディーラーに確認したところ、取り付けた際に位置が変わらない場合はそれほど問題はないそうです。

店舗によってはNGと言われる場合もあるかもしれませんので自己責任で作業しましょう。

何か起きたらセンサー等の調整が必要になります。

 

ただ、個人的にはバンパー(センサー類)を取り外した状態で車両の電源をオンにしたりエンジンをかけたりはしないようにしています。警告灯とか点灯したら面倒だから。

※車の電気系の作業する場合はバッテリーを外しましょう!!

 

バンパーの取り外しができれば純正ホーンを取り外します。

 

 

今回交換したホーンは、ミツバのアルファ2

 

 

C-HRのバンパーを取り外すと広めのスペースがあるので、色んなホーンが取り付け可能だと思います。

ミツバのホーンだと以下のホーンも取り付け可能です。

 

 

 

 

 

 

MITSUBA [ ミツバサンコーワ ] 超音700HZ [ホーン] HOS-06B

MITSUBA [ ミツバサンコーワ ] 超音700HZ [ホーン] HOS-06B

6,144円(01/22 07:02時点)
Amazonの情報を掲載しています

 

交換したホーンの取り付け位置はこんな感じ

 

 

左のヘッドライトの下のスペースに固定。ネジ穴がいくつかあるのでM6のボルトを用意して取り付けです。

純正のホーンの電源を延長して接続。

 

ホーンリレーを取り付けてもいいかも・・・

 

ホーンの交換・取り付けができたら、バンパー等取り外した部品を元に戻してC-HRのホーン交換作業完了です。

 

C-HRのホーン交換の方法|バンパーを外さない場合

C-HRのホーン交換でバンパーを外さない場合ですが、グリル上部のカバーの取り外しは必要になります。

 

先ほど紹介したようにクリップとネジを外してカバーを取り外します。

 

バンパーを外さないでホーン交換をする場合に問題になるのが、ホーンの取り付け位置。

みんカラを見てもいろんな場所に取り付けています。

 

で、私が新しいホーンを取り付けた位置が、ボンネットロックの後ろにある2つの穴

 

 

穴が2か所あるので、ボルト・ナットを用意して固定しました。

ただし、ホーンの向きは水平

メーカー推奨の固定方法ではありません・・・

 

新しいホーンの固定の前に純正ホーンの取り外し、電源延長も必要になります。

※取り外さなくてもいいですが、電源を延長しないとダメなので作業的に外さないと無理かも・・・

 

写真のカバーの奥に純正のホーンがあるので、カバーを無理に広げてちょっと強引に外します。

 

 

ホーンを取り外したら電源の延長。スペースが無いので作業は非常にやりにくいです。

アースは純正ホーンの固定ボルト利用した方が楽かも・・・。

 

頑張って電源とアースの線をつないだら、ホーンの固定です。

今回取り付けたホーンは、ミツバのアルファ2コンパクト

 

 

バンパーを外さないでホーンの交換なので、サイズ、開口部の向き等を考えるとアルファ2コンパクトぐらいしか無理かも。

1個はこんな感じ

 

 

もう1個はこんな感じ

 

 

水平方向に固定でメーカー推奨の取り付け方法ではありません。

ただし、開口部は車両後方に向けたので水の侵入はほぼ無いでしょう。

 

 

一応、カバーとの干渉とかチェックしながら固定しないといけないのでちょっと面倒です。

干渉しそうならステーを曲げたり微調整が必要。

 

カバーとの干渉も無ければカバーを取り付けて作業完了です。

※カバーで囲ってしまうので音がこもったりするように感じるかもしれません。

 

C-HRのホーン交換の方法|バンパー外す場合とバンパー外さない場合のまとめ

C-HRのホーン交換を2パターン紹介しました。

バンパーを外す方がスペースもあるので楽なのですが、バンパー外しに手間がかかります。

バンパーを外さない場合は、スペースの問題があるのでホーンの種類も限られるしメーカー推奨の向きでの固定は無理かもしれません。

開口部から水が入らない限り、壊れることはあまりないとは思いますが・・・

あと、電源接続やホーンの固定位置の調整が手間です。

 

バンパーを外してホーン交換をする方法をおすすめしますが、ミリ波レーダーなどのセンサー類があるので気を付けて作業する必要があります。

あと、C-HRのバンパーの外し方・ホーン交換の方法はミツバサンコーワのホームページでも紹介されています。

http://www.mskw.co.jp/support/maintenance/index/horn_c-hr_zyx10

 

 




最後まで読んでいただきありがとうございます。

記事はお役に立てたでしょうか?

役に立ったと思った方はブログランキングのバナーを
ポチッとクリックしていただけると今後の励みになります。

ブログランキング参加中!!

車の事で知りたいことは「カーサポ」で検索



関連おすすめ記事とスポンサーリンク