今回は、カローラツーリングのホーン交換の方法です。

2019(令和1)年10月以降のモデルで210系ってタイプかな?

交換したホーンと交換の手順を紹介します。

カローラツーリングの交換したホーン

今回、新たに交換したホーンはミツバのアルファ2コンパクト

ステーが回転出来ていろんな車種に取り付け可能なホーンですね。

カローラツーリングのホーン交換方法

カローラツーリングのホーン交換ですが、まずバンパー上部のカバーを外します。

カバーはクリップで固定されてるのでクリップを取り外します。

カローラツーリングのバンパー上部のクリップは、真ん中を押し込んでツメを解除します。

カバーを外すと純正ホーンがあります。

今回の車両は1個ありました。

交換するホーンは純正ホーンを取り外して固定できそうです。

さらに、ここと反対側にもホーン取り付け可能なボルト穴がありました。

純正で2個装着されてるモデルあるのかな・・・

交換するホーンの2個目はここに取り付けします。

ボルトは別で用意します。

 

あとは、純正ホーンの配線を分岐して延長してホーンに接続。

あとアースも配線を作って接続します。

平型端子やアース端子、配線など必要です。

新しいホーンの取り付けができたら鳴らしてOKであればカバーを元に戻します。

カバーのクリップは凹んだままだと取り付けできないので元に戻します。

裏からピンの足を押せば下のような状態になります。

クリップを差し込める状態にしてカバーを固定すればホーン交換終了。

カローラツーリングにおすすめのホーン

今回は、ミツバのアルファー2コンパクトを取り付けしました。

実際に交換してみたら他のホーンでも取り付けは可能です。

今回取り付けをした部分のスペースが広めなので、いろんなタイプのホーンは取り付けできると思います。

例えば、

MITSUBA [ ミツバサンコーワ ] 超音700HZ [ホーン] HOS-06B

MITSUBA [ ミツバサンコーワ ] 超音700HZ [ホーン] HOS-06B

6,480円(10/25 03:13時点)
Amazonの情報を掲載しています

こんなのも取り付けはできると思います。

あとホーンリレーの取り付けは好みですが、リレー取り付けた方が音は良くなりますよ。

 

まとめ

カローラツーリングのホーンを交換しましたが、スペースも広くて簡単に交換できます。

ボルトや配線などを準備できたら自分でも交換できるでしょうね。

この車の場合は、ホーン交換の基本中の基本みたいな感じでした。

 




最後まで読んでいただきありがとうございます。

記事はお役に立てたでしょうか?

役に立ったと思った方はブログランキングのバナーを
ポチッとクリックしていただけると今後の励みになります。

ブログランキング参加中!!

車の事で知りたいことは「カーサポ」で検索



関連おすすめ記事とスポンサーリンク