カーナビやETC、ドライブレコーダーなんかを付ける際に、Aピラーの内張りの取り外しが必要ですね。最近はAピラーにエアバックが付いてる車両も多くて構造を知っておく必要があります。

 

そこで、今回はN-BOXのエアバック付きAピラーの外し方の情報です。

N-BOXのエアバック付きAピラーの外し方のコツ

Aピラーを取り外すには、赤丸部分を叩き込んでクリップのツメを解除します。

n-boxpillar01

 

cara1

追記:2017年9月(平成29年9月)にモデルチェンジしたN-BOXでもクリップの構造は同じです。

旧タイプは、軸が金属でしたが新しいタイプは軸が樹脂になっています。外し方も同じです。

 

Aピラーのクリップは元々は下の様な状態になってます。

隙間から覗くとわかります。

n-boxpillar02

 

エアバックの文字の部分を叩き込むと下のようになります。

 

金属のパーツが入り込んだのわかります??

 

n-boxpillar03

 

金属パーツが元の位置だと樹脂のツメが中で開いて抜けなくなってます。

 

叩き込む事で開いた爪が閉じるのでクリップを外す事ができます。

 

ただ、めちゃくちゃ硬い場合もあります。思いっきり叩かないと金属パーツが中に入りません。

 

硬い場合はピラーに傷が入りにくい材質の道具を使うのも必要かもしれません。ゴム系のハンマーとか・・・

cara1

いくら叩いてもピンが入り込まない場合、ドライヤーとかでピンの部分を少し温めてあげると入り込むかもしれません。

 

 

上がクリップを外した時の状態。

下がピラーを取り付ける場合の状態です。

 

n-boxpillar04

 

白い樹脂パーツが2種類の状態の真ん中の位置にきてる時が車両装着状態になります。

 

金属の軸が一部太くなってるので、その位置の時は樹脂のツメが開いた状態でピラーの穴から抜けなくなります。

 

多分、メーカでは再利用は不可パーツだと思います。必ず交換。でも自分でやってるとそんな訳にはいかないので再利用します。

 

それで、取り付けれる状態にもっていきます。

 

Aピラークリップの再利用方法

樹脂のツメが4か所引っかかってるので、4個同時に解除しながらずらしていく必要があります。

で、私が考えたのが、いらない配線やタイラップなんかを利用してツメを4か所解除する方法。

 

n-boxpillar05

爪を起こして、配線とかタイラップを間に挟みます。

あとはクリップ外しなんかを使って頑張って取り付けれる状態にします。

 

n-boxpillar06

こじていくと1段目の金属の『山』を乗り越えますが、その位置が装着状態。

さらにもう1段の『山』をこえます。2段超えるとOKです。

 

無事に取り付けれる状態になればピラーに戻してボディーに取り付けます。

取り付けの際は、1段金属の『山』を越えさせる必要があるのでピラーを叩いてツメが広がる位置にします。

 

普通に取り付ければ問題ないですが、叩き過ぎると取り外し位置まで入り込むかも・・・

と言うことで、エアバック付きのAピラーの外し方とクリップの復元方法でした。

 

これはあくまで一つの方法です。

 

新型N-BOXのAピラーの外し方

追記:新型のN-BOXのAピラーの外し方ですがエアバックのクリップの外し方は旧型と同じ方法です。

 

Aピラーのエアバックの文字の所をたたきます。

 

 

叩く前のピラーのクリップはこんな感じ

 

 

ウェザーストリップをめくって隙間を確認したら上のような感じになってます。

 

新型のN-BOXは軸の部分も金属から樹脂製に変更されてます。

 

この状態から叩いて次の状態にします。

 

 

クリップの黒いパーツの位置が変わってるのわかりますか??

 

叩いてこのようにします。

 

あと、新型N-BOXのAピラーは2分割なのでガラス寄りのピラーカバーは引っ張ると外れます。

 

で、Aピラーを取り付ける場合はクリップの黒いパーツの位置を移動させます。

 

これが取り付けるときのクリップの状態

 

この状態にしてピラーのエアバックの文字部分を軽くたたいて、黒いパーツを一段回押し込みます。

 

新型のN-BOXはAピラーが2分割になったのと、クリップが樹脂のみになったので旧型N-BOXよりも外しやすい印象があります。

 

思いっきり叩いても金属が入り込まない!!

こんな場合もありえます。その場合はクリップはボディーに残しておいてピラーからクリップを外す方法とか叩かずにこじてクリップを外す方法が考えられます。

どちらも、構造がわかってるから出来る事。

クリップはピラーにスライドで入ってるので、ピラーを上にスライドしたら外れます、その最、他の部分の樹脂クリップをボディーから外しておいての作業。

でもスライドも硬く入ってますし、ピラーとダッシュボードも効いてるのでで軽い力では無理です。

 

だからって勢いよく外したらチョー危険!!天井が傷つく可能性があります。

 

勢いよく引き上げると突然外れてそのままピラーの上部が天井に・・・ブスっと・・・この方法をしても私は責任を負いませんので。

 

ピラーが無事に外れたら、クリップの取り外しです。金属部分をハンマーとかで叩いても大丈夫でしょう。

 

 

クリップをこじる方法も、金属パーツと樹脂パーツの位置関係が理解できてるからの話。

どの位置にあると樹脂が閉じてクリップが外せるのかを知ってるからの対処方法です。

 

ただ、私が配線やタイラップで4か所のツメを広げたようなことができないため、金属の『山』の部分を越えさせるのは結構な力が必要かと思います。

変なこじかたをするとボディーを凹ませる可能性や傷まみれになる可能性も。

 

また無理にやるので樹脂のツメの部分が破損する恐れもあります。

 

どちらの方法にしろ、細心の注意が必要になりますので気を付けてくださいね。

 

一番良いのは、叩いて外して新品のパーツへの交換です。

愛車のDIYメンテナンスDVD、整備マニュアル、部品パーツ脱着方法がこれ一冊で!!




最後まで読んでいただきありがとうございます。

役に立った!!

と感じた方は以下のバナーをポチッとクリックしていただけると
今後の励みになります。

ブログランキング参加中です。


関連おすすめ記事とスポンサーリンク