今回は、型式HA36Sのアルトのホーン取り付けの話

アルトのフォグ無しの車両にホーンを取り付けたのでその時の取り付け位置などの情報です。

altohorn01

 

追記:HA36S型のアルトワークス(フォグが付いてる車両)でホーン交換をしたのでこちらの記事も参考に。

アルトワークス(HA36S)ホーン交換|取り付け位置は・・・

アルト(HA36S)【フォグ無し】ホーン交換・取り付け方法

まずはバンパーとグリルを外します。ヘッドライト周りのリング(めがねガーニッシュ)も一緒に外れます。

で何処に付けようか悩んだ結果、下図の穴を利用することに。

写真は左側ですが右側も同じ穴が空いてます。

altohorn02

穴の裏からボルトを通してナットで固定。

今回も取り付けたホーンはミツバサンコーワのアルファー2コンパクト HOS-04G

やっりコレですね。

で、ホーンのステーは変形させてます。

L字ステーがあればいいかもしれませんけど無かったので曲げます。基本的にはメーカーNGの方法です。

altohorn03

右側も同じように取り付け。

altohorn04

配線を延長して接続していけば完了です。

左側ホーン

altohorn05

右側ホーン

altohorn06

フェンダーライナーとの隙間もあまりない感じです。

前にだすとバンパーと干渉する可能性もあるので注意が必要です。

配線を接続して、ホーンを鳴らしてチェック。

OKであれば外したパーツを元に戻して作業終了。

まとめ

今回は、フォグランプが付いてない車両だったので写真の位置に取り付けできました。検索すると他の位置にも取り付けてる例があるので、参考にされても良いかと思います。

フォグ付きの場合は、アルトワークスのホーン交換の記事を参考にしてください。

スペースがあまりないので大きめのホーンやホーンステーが回転できないタイプのホーンは、取り付け位置に悩むと思います。




最後まで読んでいただきありがとうございます。

記事はお役に立てたでしょうか?

役に立ったと思った方はブログランキングのバナーを
ポチッとクリックしていただけると今後の励みになります。

ブログランキング参加中!!

車の事で知りたいことは「カーサポ」で検索



関連おすすめ記事とスポンサーリンク