今日は、マツダCX-5のフロントガラスのセンサーのカバーの外し方の話

マツダ車のフロントガラスにもセンサーが色々ついてるのありますよね。ルームミラーの裏に大きなセンサーの塊があります。今回、それが付いた車にミラータイプのレーダーを取り付けてその際にセンサーのカバーを外して配線を隠したので、フロントガラスのセンサーのカバーの外し方を簡単に紹介します。

このカバーの外し方です。

matudaSensorcover01

外した方法は、ミラーの軸の部分の隙間に棒のヘラを差し込んで慎重に広げていきました。左右に分割する構造です。

matudaSensorcover02

外したカバーの裏はこんな感じです。ツメが数か所あります。

matudaSensorcover03

このカバーを外してしまうと、天井の隙間にも配線は通しやすくなります。ミラーレーダーの配線も軸の部分から出せるので見た目スッキリです。

ただし、今回の場合はミラーレーダーを付けることによって防眩ミラーの機能は使えなくなりました。

それにしても、マツダのセンサーの部分は大きいですね。ドライブレコーダー付ける時設置場所に困ります。




最後まで読んでいただきありがとうございます。

役に立った!!

と感じた方は以下のバナーをポチッとクリックしていただけると
今後の励みになります。

ブログランキング参加中です。


関連おすすめ記事とスポンサーリンク