今日は、C24セレナの純正バックカメラの流用の方法についての話

もうあまり見なくなってきたC24のセレナ
c24serena01

こんなダッシュボードで純正のナビとカメラ付きの車で、ナビだけ社外品に交換し、バックカメラは純正を利用する場合の加工方法です。

c24serena02

純正のカメラはリアゲートの上についてる車です。

このタイプの場合、社外品のナビの交換した場合、オーディオの上にあるモニターは基本的に使えなくなります。

で、元々バックカメラの映像が上のモニターに映ってたので、それを生かしておこうと思えば元のオーディオをどこかに移設したりすればできるのでしょうが、すごく面倒だと思います。

そこでカメラだけを社外品のナビに移すように加工できます。

作業は簡単で、上のモニターへ入ってるカメラの映像を社外ナビへ入れるだけです。

c24純正バックカメラ加工方法

モニターのグレーのカプラーから映像の信号を取り出します。

c24純正バックカメラ加工方法配線の色

カプラーの写真の位置の、ピンク線がプラス信号。グレー線がマイナス信号です。
マイナスはボディーアースにしてもOkだと思います。

c24純正バックカメラ加工方法配線の色

この2本をRCAのケーブルに繋いでやると加工作業は終了です。

もし、ナビ側がRCA入力じゃない場合は変換のパーツ購入するか、加工して繋がないとダメになるかな・・・。

とりあえず、C24セレナの純正のバックカメラの映像信号は写真の位置から取り出せます。




最後まで読んでいただきありがとうございます。

役に立った!!

と感じた方は以下のバナーをポチッとクリックしていただけると
今後の励みになります。

ブログランキング参加中です。


関連おすすめ記事とスポンサーリンク